サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【芸能ニュース】HKT48のPV撮影でも横暴ぶりを大発動!女帝・指原莉乃の強権
ニュース
女帝がホームHKTでさらに大暴れです

HKT48のPV撮影でも横暴ぶりを大発動! 女帝・指原莉乃の強権

+お気に入りに追加

指原莉乃の顔色をうかがうPV撮影

人気メンバーが続々と卒業し、AKB48の勢いが徐々に衰えていくなか、過去のスキャンダルもネタにしながらバラエティ番組で大活躍中のHKT48・指原莉乃。本誌前号では、番組収録現場やコンサート会場で見せるその横暴ぶりを報じたが、HKT48のPV撮影現場でも彼女には誰も意見できず、スタッフを困惑させているという。

1704_ns03.jpg
HKT48の9thシングル「バグっていいじゃん」のPV。この撮影現場でも、指原莉乃の強権が発動されたのだろうか?

 HKT48・指原莉乃の女帝化が止まらない。

 16年に代々木アニメーション学院のプロデューサーに就任した指原は今年1月、声優アイドルをプロデュースすることを発表。2月には、瀬戸内7県を拠点に今夏発足予定のAKB48の姉妹グループ・STU48【1】の劇場支配人とメンバーを兼任することを発表した。HKT48の劇場支配人兼メンバーとしての活動も続けており、グループとしてのレギュラー番組に加え、ソロタレントとしても冠番組『さしこく』(フジテレビ系)、『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)、準レギュラーとして『ワイドナショー』(フジテレビ系)などバラエティ番組に引っ張りだこ。持ち前のトーク能力を存分に発揮しているのは、周知の通りだ。

 だが、仕事量に比例するように態度もどんどんデカくなり、番組スタッフは弱冠24歳、芸歴10年にも満たない指原に気を遣ってばかりだという。

 例えば、『HKT48のおでかけ!』(TBS系)のようなメイン番組では、活躍できないメンバーがいれば「あの子は次から外してください」などと収録での不満や要望を、直接、秋元康に電話で“密告”。「影響力が強すぎて、スタッフは指原さんの顔色をうかがってばかり」

「毎回、取り巻きを5~6人引き連れて仰々しい。共演しているフットボールアワーの後藤輝基さんにはマネージャーが1人ついている程度なので、現場の空気が気まずくなる」と番組関係者が語っていることは、本誌前号の当コーナーでも報じたところだ。

 こうした“女帝ぶり”は、テレビ番組収録現場だけのことではない。HKT48のPV撮影現場にまで及び、制作スタッフは悲鳴を上げているという。

「テレビはまだマシですよ。本人はテレビには出たいから、まだ低姿勢なほうだと思う。本当の女帝ぶりが発揮されているのは、音楽絡みの仕事です。『AKB48のトップである私に、誰も文句が言えないでしょう?』とばかりに細かいPV制作のクリエイションにまで注文をつけてくるので、スタッフは閉口。『ヘソを曲げたさっしーが撮影の途中で帰っちゃって、再撮になった』といったトンデモないウワサもよく耳にしますよ」(映像業界関係者)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』