>   >   > 【芸能ニュース】HKT48のPV撮影でも横暴ぶりを大発動!女帝・指原莉乃の強権
ニュース
女帝がホームHKTでさらに大暴れです

HKT48のPV撮影でも横暴ぶりを大発動! 女帝・指原莉乃の強権

+お気に入りに追加

指原莉乃の顔色をうかがうPV撮影

人気メンバーが続々と卒業し、AKB48の勢いが徐々に衰えていくなか、過去のスキャンダルもネタにしながらバラエティ番組で大活躍中のHKT48・指原莉乃。本誌前号では、番組収録現場やコンサート会場で見せるその横暴ぶりを報じたが、HKT48のPV撮影現場でも彼女には誰も意見できず、スタッフを困惑させているという。

1704_ns03.jpg
HKT48の9thシングル「バグっていいじゃん」のPV。この撮影現場でも、指原莉乃の強権が発動されたのだろうか?

 HKT48・指原莉乃の女帝化が止まらない。

 16年に代々木アニメーション学院のプロデューサーに就任した指原は今年1月、声優アイドルをプロデュースすることを発表。2月には、瀬戸内7県を拠点に今夏発足予定のAKB48の姉妹グループ・STU48【1】の劇場支配人とメンバーを兼任することを発表した。HKT48の劇場支配人兼メンバーとしての活動も続けており、グループとしてのレギュラー番組に加え、ソロタレントとしても冠番組『さしこく』(フジテレビ系)、『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)、準レギュラーとして『ワイドナショー』(フジテレビ系)などバラエティ番組に引っ張りだこ。持ち前のトーク能力を存分に発揮しているのは、周知の通りだ。

 だが、仕事量に比例するように態度もどんどんデカくなり、番組スタッフは弱冠24歳、芸歴10年にも満たない指原に気を遣ってばかりだという。

 例えば、『HKT48のおでかけ!』(TBS系)のようなメイン番組では、活躍できないメンバーがいれば「あの子は次から外してください」などと収録での不満や要望を、直接、秋元康に電話で“密告”。「影響力が強すぎて、スタッフは指原さんの顔色をうかがってばかり」

「毎回、取り巻きを5~6人引き連れて仰々しい。共演しているフットボールアワーの後藤輝基さんにはマネージャーが1人ついている程度なので、現場の空気が気まずくなる」と番組関係者が語っていることは、本誌前号の当コーナーでも報じたところだ。

 こうした“女帝ぶり”は、テレビ番組収録現場だけのことではない。HKT48のPV撮影現場にまで及び、制作スタッフは悲鳴を上げているという。

「テレビはまだマシですよ。本人はテレビには出たいから、まだ低姿勢なほうだと思う。本当の女帝ぶりが発揮されているのは、音楽絡みの仕事です。『AKB48のトップである私に、誰も文句が言えないでしょう?』とばかりに細かいPV制作のクリエイションにまで注文をつけてくるので、スタッフは閉口。『ヘソを曲げたさっしーが撮影の途中で帰っちゃって、再撮になった』といったトンデモないウワサもよく耳にしますよ」(映像業界関係者)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017
    • 【ハクソー・リッジ】はなぜ炎上?
    • 【フリーメイスン】ビジネスの裏側
    • 【ネタ消費】されるフリーメイスン
    • 世間を洗脳する【PR会社】の実像
    • 有名事案で暗躍した【PR会社】の功績
    • 【世界遺産】乱立の真相
    • 【福岡・北九州】相克の近代100年史
    • 九州で蠢く【闇ビジネス】の実相
    • 【七社会と麻生グループ】の癒着
    • 【ナマモノBL】は本当にタブーなのか?
    • 【福山雅治】もハマったBL妄想
    • 【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
    • キスもNG?保険ありきの【MV】事情
    • 【ぱちんこ】出玉規制強化に見る警察の本音
    • 【ぱちんこ】は北朝鮮の資金源か!?
    • 急増する【仮想通貨】詐欺の最前線
    • 【仮想通貨】誕生の背景
    • 【優生学】の歴史的背景と真実
    • 日本国内外の【優生保護法】
    • 【うんこドリル】から考えるミソジニー
    • 【うんこドリル】に見る哲学的例文集

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』