>   >   > 美人度は政治家にとって必要か?【2】/ 美人議員ランキング大発表!
第1特集
美人度は政治家にとって必要か?【2】

各党自慢(?)の美人議員――独断と偏見で選ぶ美人議員ランキング

+お気に入りに追加

――各党の議員プロフを見渡すと、才色兼備を思わせる議員が散見できる。ここでは、編集部が独断と偏見で選び、(意外に政治に詳しい)アイドル研究家・北川昌弘氏にランキングを依頼、各識者のコメントとともに“美人議員レビュー”を試みた。無論、美人議員は彼女たちだけではないことも付け加えておきたい。

1703_sasaki_sayaka_150.jpg

■公明党のプリンセス
1位 佐々木さやか(36歳/公明党/神奈川)
1981年1月18日生まれ。「美人度でいえばこの人が1位では。卵形の輪郭で見栄えがするし、まゆ毛もバシッと型にはまっている」(北川氏)。選挙区の前任だった松あきら公明副代表は「若くて見た目の麗しい女性を後継にしたい」という意向で彼女を選んだという話も。「かなり目元にアイラインを入れているから、すっぴんでどのくらいきれいなのかは見てみたい。白い服で清潔感を表すテクニックもわざとらしい」(カメラマン)


1703_itou_takae_150.jpg

■民進党のフレッシュ女子
2位 伊藤孝恵(41歳/民進党/愛知)
1975年6月30日生まれ。「背景を飛ばす、つまり白くすることで被写体の人物を浮き上がらせ、スーツはピンクにすることで清潔感を出す、よくあるテクニック。耳を片方だけ出しているのは、両方出すとえらが張っているのが目立ってしまうから。左の肩を下げて体を斜めにすることで、圧迫感を軽減している。もし真正面から撮ったら、顔がべったりし、つまらない写真になってしまうでしょう。よく研究している」(カメラマン)


1703_kira_yoshiko_150.jpg

■キス写真も撮られた!
3位 吉良よし子(34歳/共産党/東京都)
1982年9月14日生まれ。父も夫も共産党議員という共産党一家。「おでこが出過ぎ。これを隠して片方の耳を出せばもう少し良くなりそうなのに、あえてそうしないのは多少垢抜けないほうが共産党らしいと思っているのかも」(カメラマン)。「共産党議員は基本的に党の兵隊のようなものだから、面白みに欠ける人が多いんだけど、時々はこういう“キャラ立ち”した人も擁立しないといけないということなんでしょうね」(政治記者)



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』