>   >   > 美人度は政治家にとって必要か?【2】/ 美人議員ランキング大発表!
第1特集
美人度は政治家にとって必要か?【2】

各党自慢(?)の美人議員――独断と偏見で選ぶ美人議員ランキング

+お気に入りに追加

――各党の議員プロフを見渡すと、才色兼備を思わせる議員が散見できる。ここでは、編集部が独断と偏見で選び、(意外に政治に詳しい)アイドル研究家・北川昌弘氏にランキングを依頼、各識者のコメントとともに“美人議員レビュー”を試みた。無論、美人議員は彼女たちだけではないことも付け加えておきたい。

1703_sasaki_sayaka_150.jpg

■公明党のプリンセス
1位 佐々木さやか(36歳/公明党/神奈川)
1981年1月18日生まれ。「美人度でいえばこの人が1位では。卵形の輪郭で見栄えがするし、まゆ毛もバシッと型にはまっている」(北川氏)。選挙区の前任だった松あきら公明副代表は「若くて見た目の麗しい女性を後継にしたい」という意向で彼女を選んだという話も。「かなり目元にアイラインを入れているから、すっぴんでどのくらいきれいなのかは見てみたい。白い服で清潔感を表すテクニックもわざとらしい」(カメラマン)


1703_itou_takae_150.jpg

■民進党のフレッシュ女子
2位 伊藤孝恵(41歳/民進党/愛知)
1975年6月30日生まれ。「背景を飛ばす、つまり白くすることで被写体の人物を浮き上がらせ、スーツはピンクにすることで清潔感を出す、よくあるテクニック。耳を片方だけ出しているのは、両方出すとえらが張っているのが目立ってしまうから。左の肩を下げて体を斜めにすることで、圧迫感を軽減している。もし真正面から撮ったら、顔がべったりし、つまらない写真になってしまうでしょう。よく研究している」(カメラマン)


1703_kira_yoshiko_150.jpg

■キス写真も撮られた!
3位 吉良よし子(34歳/共産党/東京都)
1982年9月14日生まれ。父も夫も共産党議員という共産党一家。「おでこが出過ぎ。これを隠して片方の耳を出せばもう少し良くなりそうなのに、あえてそうしないのは多少垢抜けないほうが共産党らしいと思っているのかも」(カメラマン)。「共産党議員は基本的に党の兵隊のようなものだから、面白みに欠ける人が多いんだけど、時々はこういう“キャラ立ち”した人も擁立しないといけないということなんでしょうね」(政治記者)



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』