>   >   > 美人度は政治家にとって必要か?【2】/ 美人議員ランキング大発表!
第1特集
美人度は政治家にとって必要か?【2】

各党自慢(?)の美人議員――独断と偏見で選ぶ美人議員ランキング

+お気に入りに追加

――各党の議員プロフを見渡すと、才色兼備を思わせる議員が散見できる。ここでは、編集部が独断と偏見で選び、(意外に政治に詳しい)アイドル研究家・北川昌弘氏にランキングを依頼、各識者のコメントとともに“美人議員レビュー”を試みた。無論、美人議員は彼女たちだけではないことも付け加えておきたい。

1703_sasaki_sayaka_150.jpg

■公明党のプリンセス
1位 佐々木さやか(36歳/公明党/神奈川)
1981年1月18日生まれ。「美人度でいえばこの人が1位では。卵形の輪郭で見栄えがするし、まゆ毛もバシッと型にはまっている」(北川氏)。選挙区の前任だった松あきら公明副代表は「若くて見た目の麗しい女性を後継にしたい」という意向で彼女を選んだという話も。「かなり目元にアイラインを入れているから、すっぴんでどのくらいきれいなのかは見てみたい。白い服で清潔感を表すテクニックもわざとらしい」(カメラマン)


1703_itou_takae_150.jpg

■民進党のフレッシュ女子
2位 伊藤孝恵(41歳/民進党/愛知)
1975年6月30日生まれ。「背景を飛ばす、つまり白くすることで被写体の人物を浮き上がらせ、スーツはピンクにすることで清潔感を出す、よくあるテクニック。耳を片方だけ出しているのは、両方出すとえらが張っているのが目立ってしまうから。左の肩を下げて体を斜めにすることで、圧迫感を軽減している。もし真正面から撮ったら、顔がべったりし、つまらない写真になってしまうでしょう。よく研究している」(カメラマン)


1703_kira_yoshiko_150.jpg

■キス写真も撮られた!
3位 吉良よし子(34歳/共産党/東京都)
1982年9月14日生まれ。父も夫も共産党議員という共産党一家。「おでこが出過ぎ。これを隠して片方の耳を出せばもう少し良くなりそうなのに、あえてそうしないのは多少垢抜けないほうが共産党らしいと思っているのかも」(カメラマン)。「共産党議員は基本的に党の兵隊のようなものだから、面白みに欠ける人が多いんだけど、時々はこういう“キャラ立ち”した人も擁立しないといけないということなんでしょうね」(政治記者)



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

インタビュー

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』