>   >   > 芸能ニュース/【指原莉乃】女帝伝説とAKBの今後
ニュース
カジノ構想の中、蠢くギョーカイの思惑

女帝化する指原莉乃、噂される京楽の離脱…AKB最新ウラ事情

+お気に入りに追加

AKB48トップに鎮座する“あの人”

かつての勢いはすでに失われたとはいえ、アイドル業界ではいまだトップに君臨するといってさしつかえないであろう覇権を維持し続けているAKB48。そしてそのトップ・オブ・トップに君臨するのが、ご存じ指原莉乃である。しかし番組制作現場などでの彼女の言動は、ときに周辺スタッフを萎縮させているという。その真相を追う!

1703_pachinkoAKB_230.jpg
“蜜月時代”からの契約はまだ続いており、旧機種の別バージョンが発表されるも、すでにほとんどが卒業メンバー……。

 2016年末の紅白歌合戦で島崎遥香が卒業し、この2月には小嶋陽菜が卒業するなど、人気メンバーが続々とグループから離脱しているAKB48。勢いの衰えが囁かれるなか、ひとり気を吐くのがHKT48・指原莉乃だ。

 現在、指原はグループとしてのレギュラー番組に加え、冠番組『さしこく』(フジテレビ系)、4月からゴールデンタイムに昇格する『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)などに出演。準レギュラーの『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、切れ味鋭い“ご意見番”としても人気だ。

 バラエティ能力の高さから“ポスト中居正広”と称されるほどだが、その裏で“スタッフ泣かせ”の行状が多いことは、業界関係者には知られた話。バラエティ番組スタッフが明かす。

「ゲスト出演時はいいんですが、『HKT48のおでかけ!』(TBS系)のような自分メインの番組だと、指原さんの影響力が強すぎて、現場が萎縮【1】していますね」

 同番組は、「HKT48劇場総支配人」である指原とフットボールアワー後藤輝基がMCとなり、HKT48メンバーによるロケVTRを見届けるという番組。

「ロケで活躍できないメンバーがいると、収録後すぐに指原さんが秋元康さんに直接電話、『あの子は次から外してください』などと“密告”してしまう。番組に対する不満も秋元さんに報告するので、スタッフも萎縮してしまって……。だからロケ企画の段階からHKT48運営と秋元サイドにおうかがいを立て、双方からOKが出ないと採用されない。スタッフは指原さんの顔色をうかがってばかりです」(同スタッフ)

MEMO『指原莉乃』
HKT48チームHのメンバー、指原莉乃のこと。1992年11月、大分県大分市生まれの24歳。太田プロダクション所属で、大変なハロプロオタクとしても知られている。

 大ベテラン【2】ならまだしも、指原のような若手タレントが、現場のみならず企画にまで強い影響力を発揮するというのはきわめて異例だ。

「よくわからない取り巻きを5人も6人も引き連れて、毎回かなりの仰々しさ。後藤さんにはマネージャーが1人ついている程度なので、現場はいつも気まずい空気。収録が終わると後藤さんは、すぐ楽屋に戻ってしまうことが多い」(同スタッフ)

 雑誌の取材時はさらにひどいようで「インタビュー中、テーブルに足を乗せていた」(テレビ誌ライター)といった声も。

「番組収録現場に入ってライター数人で多数のメンバーからコメントを取る時なんかは、誰が指原に話を聞くかで“じゃんけん大会”(笑)。もちろん負けたら指原です」(同ライター)

 コンサートの裏側でも、指原の“女帝”ぶりは存分に発揮されるという。別の出版関係者が話す。

「去年の9月15日に横浜アリーナで開催された総選挙上位メンバーが出演するAKB48グループ全体のコンサート『今年はランクインできました祝賀会』の終演後、取材に来ていた媒体関係者にメンバー全員が挨拶をしたんですよ。これまでAKBではそういう“お見送り”はあまりなかったので、人気低迷でいよいよマスコミに媚びを売り始めたかと記者仲間の中では話題になったのですが……当然のごとくそこに指原の姿はなかった【3】(苦笑)」

 ただでさえ人気が下降気味のAKB48なのに、総選挙1位の最重要メンバーがそんな態度で大丈夫なのか──と心配にもなってくるが、実はいまのAKB48を悩ませる大きな問題がもうひとつ、ほかにあるという。パチンコ業界関係者が明かす。

「京楽がAKBから撤退するのではないかとの噂が出ています」

 パチンコメーカー京楽産業.(以下、京楽)は、AKB48、SKE48、HKT48、NGT48の運営会社であるAKSに資本提供をしており、AKB48グループにとっては最大のスポンサーとも呼べる存在。そんななか、吉本興業と京楽の合弁会社「KYORAKU吉本.ホールディングス」が運営していたNMB48が、昨年末に吉本興業の子会社「Showtitle」に移籍したのだ。

「京楽と吉本の提携は続いていますが、NMB48から撤退したことで、京楽とAKSとの関係が解消されるのではないかといわれています。というのも、京楽はここ最近目立ったヒット機種を出せず、業績がかなり悪化しているんですよ」(同関係者)

 16年11月に発表された京楽の決算公告によると、15年7月から16年6月までの純損失は約277億円。前年は純利益約43億円だったことを考えると、ただならぬ状況といえそう。

「今後の京楽の経営を心配する声も多い。そもそも京楽はアイドルグループを運営したかったわけではなく、AKB関連のパチンコ台を出して儲けたかっただけ。AKB人気も衰えてもう金にならないと踏んで、あっさり撤退する可能性は高いと思います」(同パチンコ業界関係者)

 さらに気になる動きも。京楽は11年、時代劇『銭形平次』を題材とした「CRびっくりぱちんこ銭形平次withチームZ」を発売、これにAKB48のメンバーたちが「チームZ」なる特別ユニットを結成し登場していた。ところが今年1月、別のパチンコメーカー高尾が、「ぱちんこCR銭形平次withでんぱ組.inc」を発表したのだ。

「パチンコの版権が別会社に移動することはたまにあるけど、銭形平次ものはAKBを絡めてシリーズ化する動きもあったものなので、京楽が手放したのはきわめて意外。京楽はもう、AKBがらみのパチンコビジネスを展開する気がないのかもしれないです」(同パチンコ業界関係者)

 また、カジノ解禁に向けたIR(統合型リゾート)推進法が昨年末に成立したことが少なからず影響しているとの見方も。

「吉本の大崎洋社長は、沖縄にカジノを含んだ一大エンタテインメント施設を造る構想を掲げています。吉本主催の沖縄国際映画祭はその下準備であり、京楽もそこにおけるカジノ利権を確保すべく、同映画祭のスポンサーとなっている。そんななか業界内では、京楽がパチンコを捨ててカジノに向けて大きく舵を切るのではないかとの観測さえある。しかしAKBは未成年メンバーも多くカジノ構想にからめることは困難。よって京楽がAKBに見切りをつけたとしても、決して不自然ではないでしょうね」(同パチンコ業界関係者)

 近い将来起きてしまうかもしれない「最大スポンサー消滅」という危機を乗り越えるには、総選挙1位、弱冠24歳にしてこの“女帝”ぶりを発揮する指原莉乃の力は不可欠なのかも。実際、強烈なこのキャラが人気の秘訣なのだろうし……。まあ、その前にスタッフから総スカンを食らって干されないことを願うばかりである。

(編集部)

【1】現場が萎縮
指原莉乃のバックには、彼女に甘い秋元康がおり、番組スタッフは「面倒くさい」と嘆いているとか。HKT48の番組を担当している放送作家に至っては、指原が出演する別のネット番組への参加を依頼されるも断ったという……。

【2】大ベテラン
明石家さんまや往時の島田紳助、女性でも和田アキ子や上沼恵美子バリの大ベテランであれば、周囲も納得するのだろうが、指原莉乃はやっとこさ芸歴10年めの若手である。

【3】指原の姿はなかった
現場の記者たちは、「さすが指原は違うな」と苦笑いするしかなかったという。ちなみに、その場に出てこなかったメンバーがもうひとりいたとか。SKE48の松井珠理奈である。


サイゾープレミア

2017年3月号

グラビア写真学

グラビア写真学

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

インタビュー

連載