>   > カルチャー化する"メンヘラ"の謎【3】/【松永天馬】が語るメンヘラ

――こちらの記事で触れてきたように、「メンヘラ」はもはや文化になってきた。では、元来は非常にネガティブな意味合いだったはずのこの言葉/文化が、どのようにして一般性を獲得したのか? “病気”をコンセプトに据え、メンヘラ少女たちからの支持も厚いバンド・アーバンギャルドの松永天馬氏に聞いた。

1702_3toku07_520.jpg
(写真/草野庸子)

「メンヘラという言葉が匿名掲示板発祥であるように、かつては名前や顔を出して“病み”を発信することはある種のタブー、リスクの高い行為でした。SNS時代になって誰もが好きに発信できるようになった結果、ディスや病みといったネガティブな表現もなし崩し的に許されるようになり、おのずと“メンヘラ”という概念も拡散していったんだと分析しています」と語るのはアーバンギャルドの松永天馬氏。

「トラウマテクノポップバンド」を標榜するアーバンギャルド(2008年デビュー)は、そのコンセプトの中心に「病気」感を据えている。09年公開の「女の子戦争」PVでは「メンヘラーに人権を!」とデモをする少女たちが登場するなど、早くから「メンヘラ」を音楽表現に取り入れていた。同バンドのボーカル・松永氏は、音楽以外の領域でも「メンヘラ」や「病み」を分析する語りを行っている(一方で『Let’s天才てれびくん』〈NHK-Eテレ〉にも出演中だが)。その視点からすると、「近年のメンヘラ表現の特徴は、メタ視とユーモアが前面に出ているのが特徴だと思う」という。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年10月号

(裏)動画案内2017

(裏)動画案内2017

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • みうらうみ「現役音大生の(禁)水着」

哲学的アニメ批評的水着グラビア

哲学的アニメ批評的水着グラビア
    • 【鹿目凛】と東大教授の化学反応

インタビュー

連載

    • 【青山ひかる】ニコ動が好きなんです。
    • 【藤田ニコル】彼氏と聴いてたback number
    • 『ユアタイム』、下から見るか?横から見るか?
    • 日本企業の【AI・IoT】は絶望的な結果!?
    • ゲス不倫くらいで騒ぐな!地下格闘技を見ろ!
    • 【菊地成孔】ミュージシャンと文筆家、2つの顔トーク
    • 思い出を作る【米軍基地】の盆踊り
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【2パック】ラッパーの物語が銀幕へ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 【アダルトチルドレン】ですべては親のせい!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『デトロイト』
    • 【理工系優位】がもたらす大学教育と知の劣化
    • 小原真史の「写真時評」/戦死者たちの肖像(中)
    • 打ち上げミサイル、下から見るか?横から見るか?
    • ジャングルポケット/ずっと舐めていられる!擬似ちくびの魅力
    • 【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】女心と秋の空は、まるで神隠し
    • 「バイオクイーン」ショコラの果てなき野望
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • YouTuberよどこへ行く…幽霊、現代香具師たちの難儀な炎上
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』