>   >   > AKIRAがファンを獲得するワケ【1】人気マンガ『AKIRA』の寿命
第1特集
AKIRAがファンを獲得するワケ【1】

鳥山明・浦沢直樹もマネをしていた!? 名作マンガは2度死ぬ!?人気復活“AKIRAが死ぬ日”

+お気に入りに追加

――日本のマンガ業界に革命をもたらした『AKIRA』。マンガの神様・手塚治虫さえ嫉妬したというその圧倒的な画力とストーリーは、連載終了から30年たった今もファンを獲得し続けている。アニメ版は海外の映画監督から称賛され、実写化の噂も絶えない。なぜいまもファンを魅了しつづけられるのだろうか?

 82年~90年まで「週刊ヤングマガジン」(講談社)に連載されていた『AKIRA』は、マンガ史に燦然と輝く金字塔として、現在でも読み継がれている名作だ。マンガの神様と呼ばれる手塚治虫をして「驚嘆し、羨望し、憧憬してかなわないと思う」「一も二もなく降参する」(『ユリイカ』88年・総特集大友克洋)と言わしめたその画力は、岸本斉史、貞本義行、弐瓶勉、浦沢直樹ら多くのマンガ家たちに絶大な影響を与えている。しかも、90年の連載終了から今年で27年になるにもかかわらず、いまだにハリウッドでの実写化の噂が絶えず、プロデューサーとしてレオナルド・ディカプリオや監督として『インターステラー』『ダークナイト』で知られるクリストファー・ノーランなどの名前が挙がっては消えている。

 世の中に、優れたマンガは数多く存在する。しかし、なぜ『AKIRA』は特別なマンガとなり得たのか? そして、なぜ現在まで読み継がれているのか? さまざまな世代の証言から、名作マンガを検証してみよう。

劇画を葬った神の所業

1702_akira01_230.jpg
『AKIRA』
大友克洋/講談社(82年)/1080円~
新型爆弾が落とされ、第三次世界大戦勃発後の2019年。荒廃した都市「ネオ東京」を舞台に、アキラと呼ばれる超能力者をめぐって行われる軍やゲリラ組織の攻防を、暴走族のリーダー金田を中心に描く。

 73年、大友克洋は「漫画アクション増刊」(双葉社)から、『銃声』(単行本未収録)でデビューした。デビュー当初は、『AKIRA』には見られない劇画の影響が色濃い作風だったが、圧倒的な画力によってマンガファンたちの注目を集め、70年代末には吾妻ひでお、いしかわじゅん、諸星大二郎らとともに「ニューウェーブ」と呼ばれる。大友克洋の登場は、当時のマンガ界に「革命」と呼ばれるほどの衝撃を与え、「大友ショック」なる言葉がにわかに語られ、圧倒的な実力差に筆を折るマンガ家も絶えなかったという。『BECK』『Paradise Kiss』『ルパン三世』などを手がけたアニメ監督の小林治氏もそのひとりだ。

「かつて、ヤングマガジン編集部にマンガの持ち込みをしていました。その時、『大友さんの新連載のコピー読んでみたい?』と言われたのが、まだ世に出ていなかった『AKIRA』の第1話。それを読んだ瞬間、『俺のマンガ人生が終わった』というほどの衝撃を受けました」

 では、大友作品のいったい何が革命だったのだろうか? マンガ評論家であり『テヅカ・イズ・デッド』『マンガを読む。THE MANAGA REVIEWS』(共に星海社新書)などの著作で知られるマンガ評論家であり、東京工芸大学マンガ学科教授の伊藤剛氏は、「大友ショック」についてこう語る。

「『AKIRA』以前から、大友作品は『カミソリ感覚』『乾いている』と語られていました。熱血マンガ的な『成長』や、カウンターカルチャーの熱量を脱臼させ、当時の白けた空気を描いていた。例えば、1978年に発表された『大麻境』(『ショート・ピース』収録)という作品では、大麻から『反体制』の象徴という意味付けを外し、単に暇な大学生が無為に大麻を探すという作品にしています。そうしたドラマ性の排除が新しかった。同時にそれは、劇画的な描画の修飾も取り去った、日常の些事を描写しうる徹底的なリアリズムに支えられていました。マンガ表現のリアリズム自体が更新されたんです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017
    • 【ハクソー・リッジ】はなぜ炎上?
    • 【フリーメイスン】ビジネスの裏側
    • 【ネタ消費】されるフリーメイスン
    • 世間を洗脳する【PR会社】の実像
    • 有名事案で暗躍した【PR会社】の功績
    • 【世界遺産】乱立の真相
    • 【福岡・北九州】相克の近代100年史
    • 九州で蠢く【闇ビジネス】の実相
    • 【七社会と麻生グループ】の癒着
    • 【ナマモノBL】は本当にタブーなのか?
    • 【福山雅治】もハマったBL妄想
    • 【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
    • キスもNG?保険ありきの【MV】事情
    • 【ぱちんこ】出玉規制強化に見る警察の本音
    • 【ぱちんこ】は北朝鮮の資金源か!?
    • 急増する【仮想通貨】詐欺の最前線
    • 【仮想通貨】誕生の背景
    • 【優生学】の歴史的背景と真実
    • 日本国内外の【優生保護法】
    • 【うんこドリル】から考えるミソジニー
    • 【うんこドリル】に見る哲学的例文集

チラリと見える和モノ写真進化考

    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

    • 【紗栄子】ついに破局!ゾゾタウンの英断
    • 【安倍政権】をめぐるマスコミ舞台裏
    • 【松居一代】を現役精神科医が語る

インタビュー

    • 【松永有紗】JKを卒業した女優の行く手
    • 【あずき】瑛太&深キョンと共演した人気ハリネズミ
    • 【金子大輝】危険な格闘家は瞳がキュート

連載

    『マルサの女』
    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    特別企画
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    彼女の耳の穴
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    『高須基仁の「全摘」』
    • サブカルチャーの終焉を見た
    『林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」』
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    『大石始のマツリフューチャリズム』
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    『哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」』
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    『丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」』
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    『法社会学者・河合幹雄の「法"痴"国家ニッポン」』
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    『精神科医・岩波明の「精神異学」』
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    『町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」』
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    『神保哲生×宮台真司の「マル激 TALK ON DEMAND」』
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    『小原真史の「写真時評 ~モンタージュ 過去×現在~」』
    • 戦死者たちの肖像(上)
    『笹 公人と江森康之の「念力事報」』
    • もやもや籠池劇場
    『ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」』
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    『稲田豊史の「オトメゴコロ乱読修行」』
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    『アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」』
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    『辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」』
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    『更科修一郎の「批評なんてやめときな?」』
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』