>   >   > 【近藤誠外来】が賑わう理由
第1特集
扇情的な見出しで煽る医療記事の真贋【2】

川島なお美も訪れていた!セカンドオピニオン・近藤誠外来が賑わう理由

+お気に入りに追加
1701_ganbks.jpg
『世界一ラクな「がん治療」』(小学館)

 近藤誠医師は14年に慶応大学病院を退職したが、それに先立ち13年に「近藤誠がん研究所セカンドオピニオン外来」を設立し、30分3万2000円という値段でセカンドオピニオンを提供している。15年9月に肝内胆管がんで亡くなった女優の川島なお美も、当外来を受診したひとりだと近藤医師自ら「文藝春秋」で明かしている。

「川島なお美さんはもっと生きられた」というその記事で近藤医師は、「川島さんが切除手術を受けなければ、余命がさらに延びた可能性は高く、あれほど痩せることもなかったと、僕は思っています」と主張している。だが、あらゆるがんに対し「放置すべし」と言う近藤理論には、反対する医師も多く、反論本も出されている。近藤理論の特徴について、本荘氏はこう解説する。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー