>   >   > 【人種差別】ディズニー作品6選
第1特集
ディズニーと人種差別のスリリングな関係【1】

名作に潜むキケンな人種描写! 人種差別的“かもしれない”ディズニー映画6選

+お気に入りに追加

――名作とされるディズニー映画でも、人種差別を助長すると批判されることがあった。どんなシーンが“アウト”なのか?

1612_disney_03_200.jpg

■南部黒人訛りのカラス
『ダンボ』
公開:1941年/発売:ウォルト・ディズニー・ジャパン
サーカス団に生まれたゾウの子ども・ダンボ。その大きな耳ゆえに、サーカスの芸人たちや仲間のゾウなどから笑い者にされるが、友情や愛情に支えられながら、大空へと羽ばたいていく─。そんな映画の公開当時、人種隔離政策のジム・クロウ法がまだ残っており、劇中に登場する5羽のカラスのリーダーはジム・クロウという名であった。その声優を務めたのは白人俳優だったが、カラスたちはみな南部黒人特有の訛りでダンボをいじめたのである。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ