>   >   > 自我を解放させし【盆踊り】の魔力
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【5】

僧侶が繰り出すド派手なコール&レスポンス!「み霊祭り盆踊り大会」で見た、自我を解放させし【盆踊り】の魔力

+お気に入りに追加

――21世紀型盆踊り・マツリの現在をあらゆる角度から紐解く!

1611_matsuri_230.jpg
今年も開催された「み霊祭り盆踊り大会」の様子。『一休さん』で狂喜乱舞する盆踊りには、得も言われぬ高揚感が秘められている。(写真/ケイコ・K・オオイシ)

 2011年、いくつかのネットメディアに掲載された記事をきっかけに、とある盆踊り大会が注目を集めた。それが、神奈川県鶴見区・總持寺の「み霊祭り盆踊り大会」(毎年7月17~19日)だ。話題となったのは、テレビアニメ『一休さん』のオープニング曲で熱狂する群衆の姿。「愛してる(愛してる!)」というコール&レスポンスは、さながら野外フェスのようだが、その熱狂を扇動しているのは、やぐらの上にズラリと並ぶ若い修行僧たち。曹洞宗の大本山、總持寺で続けられている行事とはとても思えないド派手さだ。

 僕もこの夏、初めて足を運んだのだが、そこに広がる空間は予想以上だった。どこまでも広がる踊りの輪、フェスを凌駕するほどの凄まじい熱気、そして『一休さん』がかかった瞬間の爆発的な高ぶり。翌日、撮影した動画をツイッターにアップすると、地元の中学生たちによって拡散され、あっという間にリツイート数は300を超えた。彼らにとってはリツイートによる拡散も、一種の“祭り”なのだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年5月号

学校では習わない"日本のキリスト教"史

学校では習わない

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」
    • 連続解散に見る【アイドル】の限界
    • 【里咲りさ】が語るグループの終わり方
    • 【姫乃たま】が語るアイドル3年周期説