>   >   > 日本は【LGBT】に優しいのか?
第1特集
日本のテレビはLGBTに優しいのか?【1】

次なる便利ワードは「LGBT」か? マツコもりゅうちぇるも一緒くた!? 「オネエ」でテレビが覆い隠すもの

+お気に入りに追加

――00年代中盤のオネエブーム以降、すっかりテレビにはオネエタレントが定着した。隆盛を誇る「オネエ」だが、この言葉がいつの間にか男性同性愛者全体を指す単語として機能するようになってはいないだろうか。テレビ業界における同性愛の取り扱われ方の歴史的変遷と、その最新問題を探る。

始祖・美輪明宏から現在に至る ゲイ/トランスの“呼ばれ方”史

現在は「オネエ」で定着しているゲイ/トランスジェンダーのメディア内での呼ばれ方だが、時代に応じて変化してきた。「オネエ」の次は何に変えられるのだろうか?

1611_onee1_250.jpg

50年代「シスター・ボーイ」
ゲイタレントはまだまだ当然数少なく、この言葉は広くゲイを指していたというよりは、当時メディアに多く出演していた美輪明宏のことを指していた。ほかに「ゲイボーイ」という言い方もあった。

70年代「オカマ」
おすぎとピーコが芸能活動を開始したのが75年。一種の自虐として蔑称であった「オカマ」をあえて自称し、メディア上でも広く使用。美輪明宏や、当時はカルーセル麻紀らから反発・批判を受けた。

1611_onee2_250.jpg

80年代「ミスター・レディ」
各地ショーパブの人気ニューハーフを、バラエティに起用するケースが増えた時期。テレビは彼らを「ミスター・レディ」と称した。「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」で日出郎がブレイク。

00年代「オネエ」
女性的な振る舞いや言葉遣いをする、ジェンダー・ロールは男性の男性同性愛者のこと。この数年のテレビでは、心は女性で外見が男性の人物も、多少女性めいた話し方をする男性も、全部ひっくるめた言葉になっている。

(絵/河合寛)


 社会と“性”の関係を考える時、そこにはおおまかにいってジェンダー/セックス/セクシャリティという3つのかかわり方が存在する。むろんこの3つは完全に切り離せるものではなく、相互に絡み合ったものであり、それゆえに、社会における性の問題を語ることは常に困難さを孕んでいる。そして、メディアという装置を通すことで、それらはより複雑さを増していく。

 そんな中で、この数年、世界的な動きを追い風に、日本国内でも「LGBTブーム」が巻き起こっている。2012年7月には「週刊東洋経済」(東洋経済新報社)、「週刊ダイヤモンド」(ダイヤモンド社)がこぞってLGBT特集を組み、15年には東京都の渋谷区や世田谷区などで同性パートナーシップ制度が設けられた。今年5月のLGBTイベント「東京レインボープライド2016」には保守派で知られる自民党の稲田朋美衆議院議員が参加し、「人権問題としてしっかり取り組んでいきたい」と語るなど、国政の側からの接近も見られている。一方で、テレビをつければ、マツコ・デラックスが八面六臂の活躍を見せ、IKKOやはるな愛らが「オネエタレント」として登場する。テレビの世界は、いち早くセクシャルマイノリティが活躍する場になった、ということもできるだろう。

 だが、多少知識がある人ならわかる通り、広くテレビで「オネエ」と括られるタレントの中には、さまざまな違いがある。クリス松村は見た目は完全に男性だし、はるな愛は性別適合手術を受けたことを公表している。KABA.ちゃんは昨年から今年にかけて性別適合手術を行い、戸籍上の性別も変更し、女性になった。GENKINGやIVANのように、男女どちらとも取れるような外見のタレントもいる。最近では、異性愛者だがそのキャラクターから“オネエ風”と呼ばれるりゅうちぇるのような存在もおり、この言葉は汎用性を増している。簡単にいえば、異性装者だろうが単に男性同性愛者だろうが性同一性障害であろうが、世間が思う男性らしさからはみ出す人々をまとめてそう呼んでいるわけだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017
    • 【ハクソー・リッジ】はなぜ炎上?
    • 【フリーメイスン】ビジネスの裏側
    • 【ネタ消費】されるフリーメイスン
    • 世間を洗脳する【PR会社】の実像
    • 有名事案で暗躍した【PR会社】の功績
    • 【世界遺産】乱立の真相
    • 【福岡・北九州】相克の近代100年史
    • 九州で蠢く【闇ビジネス】の実相
    • 【七社会と麻生グループ】の癒着
    • 【ナマモノBL】は本当にタブーなのか?
    • 【福山雅治】もハマったBL妄想
    • 【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
    • キスもNG?保険ありきの【MV】事情
    • 【ぱちんこ】出玉規制強化に見る警察の本音
    • 【ぱちんこ】は北朝鮮の資金源か!?
    • 急増する【仮想通貨】詐欺の最前線
    • 【仮想通貨】誕生の背景
    • 【優生学】の歴史的背景と真実
    • 日本国内外の【優生保護法】
    • 【うんこドリル】から考えるミソジニー
    • 【うんこドリル】に見る哲学的例文集

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』