>   >   > 【手術動画】の奥深き魅力

――動画サイトで「オペ」「手術」と検索すると山のように出てくるのが、医療現場の関係者がアップする「手術動画」だ。モザイクなし、R指定なしの生々しい動画たちは時に、医療関係者の教材として、好事家にとってのエンターテインメントとして活用されている。この手術動画について、医療現場、愛好家それぞれの視点から、その意義を聞いた。

1610_ope_p2_230.jpg
本文中にご登場いただいた東京外科クリニック、大橋直樹医師の腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術。華麗な施術の様子は、素人目にも感動する。(YouTubeより)

 ドクドクと脈打つ内臓や、皮下脂肪のぶりんぶりんしているさまなどが視聴できるとして、一部の好事家(や、本業の医師、手術を控えている患者)に視聴されているという手術動画。もちろん、それらはドラマや映画で使われるフェイクではなく、実際の医療現場で撮影されているものである。YouTubeなどの動画サイトには、そんな生々しい動画が思いのほか多数アップされており、中には60万回近く再生されている心臓手術動画も存在している。しかも、腹腔鏡手術から美容整形までジャンルも多岐にわたり、その気になれば“好みの部位”で検索することもできてしまう。グロさレベルで言えば、映画なら年齢レーティングがついてもおかしくないような代物だが、なぜこのような動画がアップされているのか? 当然、その投稿者は医療関係者であり、まさか医師が「グロ動画で再生数稼ぐぞ!」なんて狙いで上げているわけではあるまい。

 病院の開業からPRまでをサポートする医療コンサルティング会社「FPサービス」代表・椎原正氏は、医療業界における動画の需要を分析した上で、こう説明する。

「手術動画をアップしているのは、プロのドクターたちです。理由はいろいろありますが、彼らは第一に、ほかのドクター向けに公開しているんですよ」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」