>   > 【YENTOWN】見た目もイケてる大所帯クルー
インタビュー
謎だらけの大所帯の軍団、その正体

【YENTOWN】「仕事は適当、遊びは真面目に」東京で一番イケてるクリエイター集団

+お気に入りに追加

――今、日本語ラップ界隈だけでなく、ファッション感度の高い若者の間でも注目を集めている東京のクルー・YENTOWN。ベールに包まれた部分が多い、彼らの素性とは?

1609yentown.jpg
(写真/守本勝英)

 2015年あたりから、東京を拠点に活動するYENTOWNがラップ・ミュージックやファッションのシーンで注目され始めている。が、この大所帯の軍団は、いまだ謎だらけ。ヒップホップ・クルーなのか、クリエイター集団なのか──それさえも判然としない。彼らが集まっていた渋谷のとあるカフェバーの個室へ潜入すると、まず、首謀者のひとりであるラッパーのJNKMNは「カッコよくいえば、イケてる音楽や映像や服屋をやってる人たちによるクリエイター集団ですね」と語った。体にタトゥーがびっしり入った彼は今年、YENTOWNのラッパーであるMonyHorse、PETZと共に、MONYPETZJNKMN名義で2つのアルバム『上』『下』を発表している。

 ところでYENTOWNといえば、岩井俊二監督の映画『スワロウテイル』(96年)における移民たちが集まる架空の都市が思い出されるが、なぜこの名前をつけたのか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』