>   >   > 【マンションが乱立】する京都の今

――京都の経済や行政といえば、かつてはさまざまなフィクサーが暗躍してきた。近年ではそうした人物は影を潜め、その半面、東京の大手デベロッパーが流入している。もちろん反発を見せる市民は多いが、それもお構いなしで、行政もこの開発を後押ししているという。果たして、京都はこのまま食い物にされてしまうのか?

1608keizai2_230.jpg
現在、京都市内はデベロッパーによる高級マンションの建設ラッシュとなっている。各サイトを覗いてみれば、有名マンションブランドが京都特集を組んでいたりする。

 1200年以上にわたる激動の歴史をくぐり抜けてきた京都。古くは応仁の乱から、幕末の災禍、第二次世界大戦、そして近年ではバブル期の大規模な乱開発による景観破壊危機といった数々の“存亡の危機”に直面しつつも、その伝統と文化を守り続けてきた悠久の都に、新たなほころびが生じ始めている。

「このままでは京都が個性のない“普通の”街になってしまうかもしれません……」

 こう嘆くのは元京都市職労委員長の池田豊氏。

「京都の都市開発の歴史は常に開発と保全の間で揺れ動いてきました。現在に至る伝統的価値を維持できたのは、その都度京都の住民が知恵を出し合い、住民主導でコミュニティや景観を守ってきたからこそ。しかし、現在の京都では過去に例を見ないほどの速度で開発が行われ、旧来の街並みと地域社会が変容しています」(同)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載