サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【マンションが乱立】する京都の今

――京都の経済や行政といえば、かつてはさまざまなフィクサーが暗躍してきた。近年ではそうした人物は影を潜め、その半面、東京の大手デベロッパーが流入している。もちろん反発を見せる市民は多いが、それもお構いなしで、行政もこの開発を後押ししているという。果たして、京都はこのまま食い物にされてしまうのか?

1608keizai2_230.jpg
現在、京都市内はデベロッパーによる高級マンションの建設ラッシュとなっている。各サイトを覗いてみれば、有名マンションブランドが京都特集を組んでいたりする。

 1200年以上にわたる激動の歴史をくぐり抜けてきた京都。古くは応仁の乱から、幕末の災禍、第二次世界大戦、そして近年ではバブル期の大規模な乱開発による景観破壊危機といった数々の“存亡の危機”に直面しつつも、その伝統と文化を守り続けてきた悠久の都に、新たなほころびが生じ始めている。

「このままでは京都が個性のない“普通の”街になってしまうかもしれません……」

 こう嘆くのは元京都市職労委員長の池田豊氏。

「京都の都市開発の歴史は常に開発と保全の間で揺れ動いてきました。現在に至る伝統的価値を維持できたのは、その都度京都の住民が知恵を出し合い、住民主導でコミュニティや景観を守ってきたからこそ。しかし、現在の京都では過去に例を見ないほどの速度で開発が行われ、旧来の街並みと地域社会が変容しています」(同)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

ドラッグの教科書

ドラッグの教科書
    • 【薬物四法】の成立秘話
    • 【日米マリファナ】最新(裏)事情
    • 【大麻と人種】に迫るドキュメンタリー
    • 【舐達麻】がブチかます大麻論
    • 【幻覚剤】の医学的研究
    • 【ミッドナイト・ゴスペル】の見方
    • 【米ラッパー界】ドラッグ最新事情
    • 【元売人トリオ】と契約したエミネム
    • 【ドラッグ表現】の最前線
    • 【満州アヘンスクワッド】麻薬と昭和
    • 【人類とドラッグ】の1万年史
    • 【アンサングシンデレラ】薬剤師はどう見たか
    • 【処方薬】に蝕まれる日米社会
    • 【大麻成分CBD】のグレーゾーン
    • 【CBD】がよくわかるブックガイド
    • 【緊急避妊薬】と堕胎利権
    • 【ピル市販】海外の実態
    • 【サイケデリックス】と宗教的体験
    • マンガの【トンデモドラッグ描写】
    • 【シャブとサウナ】都市伝説を徹底調査

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載