サイゾーpremium  > インタビュー  > 【小川あん】──サッカー少女から女優へと大変貌
インタビュー
噂の彼女は“焼肉奉行”で“読書女子”

【小川 あん】女子サッカーに夢中だった彼女が、女優業に目覚めた“ワケ”

+お気に入りに追加

――焼肉奉行の文学好き女優は、海外文学も学ぶ現役女子大生!

1608a_025_520_347.jpg
(写真/加藤純平)

「誰かと焼肉を食べにいくと、いつのまにか“焼く係”になってるんです。焼き方のコツは、例えばホルモンは網の端っこで片面だけ低温で焼くこと。そうすると余分な脂が取れて、おいしくなります。誰かが間違って焼いてたら、思わず直しちゃいますね!」

 そんな“焼肉奉行”っぷりをニッコリ笑いながら話すのは、TOKIOの城島茂が出演するスマホゲームのテレビCM「クラッシュオブキングス」の女子高生役で話題となった、若手女優の小川あん。両親が焼肉店を営んでいるという彼女は、この春から都内の大学の文学部に通う現役女子大生で、目をくりくりとさせながらハキハキ話す、“読書女子”でもある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載