>   >   > ベッキーの謝罪会見と不倫報道の余波
1601_bekky01.jpg
ベッキーの公式ブログより。

 今日7日発売の「週刊文春」で、不倫熱愛が報じられたタレントのベッキーとバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音。週刊誌の発売に先だって、6日夜に所属事務所であるサンミュージックプロダクションでベッキーの謝罪会見が行われた。

「会見はベッキーの一方的な謝罪のみで、記者からの質疑応答はなし。さらに川谷とは『ただの友人関係』を強調していましたが、これには現場の記者たちも呆れ顔でした。LINEでの生々しいやりとりや、ツーショットの写真など、かなりの証拠が揃っていますから、さすがに『ただの友人関係』と言うには無理があった」(記者会見に参加した記者)

 さらに今回の会見には、ただの謝罪だけではない事務所側の思惑が透けて見えるという。

「ファンや関係者への謝罪を述べていましたが、本音はCMスポンサーに対してアピールをしたかったのだと思いますよ。現在ベッキーは10社ものスポンサーと契約していますが、彼女がこんなに起用されるのは女性からの人気が高かったから。女性消費者に支持されないタレントは、CMには起用されません。それなのに"不倫"という、女性から一番嫌われる、最悪のスキャンダルを起こしてしまった。これは絶対にCM契約にもひびくことになりますよ」(芸能事務所関係者)

 イメージダウンは避けられそうになく、今あるCM契約が今後どうなるかは、危ないところだ。一方で、週刊誌発売前にも関わらず迅速に記者会見をひらいたサンミュージックにも、「スキャンダル慣れ」した芸能事務所の手腕がうかがえるという。

「ベッキーの背景にあったグレーのカーテンに見覚えのある視聴者も多いと思います。酒井法子の覚せい剤逮捕のときに、サンミュージック社長が解雇記者会見を行ったのも同じ場所でしたからね。さすがに老舗の芸能事務所だけあって、今回も迅速な対応ですよね。これが小さい事務所だったら、こんなに緊急に謝罪会見なんてひらけませんよ」(芸能記者)

 さらには、会見に登場したベッキーの格好からも、アノ人の謝罪会見を彷彿とさせたという。

「いつもは派手な格好を好むベッキーも、この日ばかりは白いシャツに茶色のスカートとかなり清楚な格好で登場しました。やっぱり酒井法子の謝罪会見を思い出しましたね。とにかく、清楚で地味な格好とメイクをさせることで、女性視聴者の反感をこれ以上買わないように気遣っているわけです。それにしても、普段のベッキーの服装とはかけ離れすぎて、ちょっとあざとかったですね(笑)」(同)

 昨年、上西小百合議員が行った謝罪会見での厚化粧が、かなりのバッシングを受けたのは記憶に新しいが、男性には分からなくとも、女性は女性の身なりにかなり敏感なもの。その点、今回のベッキーの装いは、謝罪会見に相応しかったといえるだろう。

 とはいえ、清楚な格好をしたからといって、不倫の汚名を返上できるわけではない。ベッキーは、今後スキャンダルの後始末に追われることになりそうである。


サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」