>   >   > 【三代目JSB】はバラエティ番組でも成功するのか?
1512_unfair.jpg.jpg
三代目J Soul Brothers『Unfair World』

 師走に入り、テレビ業界も年末年始用の特番の準備に追われ、各芸能事務所のタレントたちは大忙しの時期を迎えている。

 12月初旬、渋谷やお台場などでバラエティ番組のロケ収録に挑む姿が目撃されたのは、三代目J Soul Brothersのメンバーたち。突如街なかに現れ、道行く人を驚かすサプライズを決行し、ツイッターなどのSNS上でも目撃情報が相次いだ。

「普通に渋谷の駅前を歩いていたら三代目JSBのメンバーがいて、びっくりしました(笑)。TBSのスペシャル番組の収録だったようです。なんでも、4時間まるっと三代目JSBをメインにした特番になるとの噂です」(現場に居合わせたファン)

『日経エンタテインメント!』(日経BP社)が毎年発表している「ヒット番付」でも、2015年の"西の大関"に選出された三代目J Soul Brothers。その飛躍は目覚ましく、それまでの歌手活動に加えメンバー各々がドラマ、映画、CM、バラエティーのMCなどさまざまなジャンルで活躍の場を広げている。

「三代目JSBがヘタなジャニーズよりも数字を持ち始めているというのは、もはや業界の定説です。雑誌に出せば売れ行きも好調だし、CDセールスもライブ動員数も文句ない。ジャニーズと違ってウェブ禁止という縛りもないので、広告にも起用しやすい。彼ら自身がSNSなどで率先して発信してくれるのも、クライアントにとってはありがたい話。メンバーの登坂広臣のインスタグラムはフォロワー数が100万人を超えましたから、その影響力は計り知れません。久々に数字を持つ若手スターが現れたなという感じです」(広告代理店勤務のA氏)

 まさに飛ぶ鳥を落とす勢いを見せる彼らが、さらに盤石の地位を得るため、この年末にいよいよバラエティ番組進出の布石を打つというわけか。しかし、テレビ局スタッフはまったく違う見方をしているようだ。

「確かに、三代目の人気はすごいですが、バラエティ進出は難しいと思います。ジャニーズとEXILE一族の決定的違いは、バラエティスキルの有無。MCとして活躍する中居正広や国分太一はもちろんですが、ジャニーズの若手たちの中にも、最近ではひな壇に座らせても良い仕事をする子が増えている。コンサートのMCにも工夫をこらすジャニーズのタレントたちは、若いうちから訓練されていて、しゃべりも達者です。

 一方、EXILE一族はとにかく全員しゃべりが下手(苦笑)。ひな壇なんかに置けるタレントは一人もいませんし、彼らは"アーティスト然"とした姿勢を崩そうとしないので、正直バラエティでは使いにくいです」(テレビ局スタッフ)

 EXILE一族のバラエティ出演といえば、『めちゃめちゃイケてるッ!』(フジ)の名物企画「オカザイル」を思い浮かべるが、この番組に関しては『めちゃイケ』だからこそ彼らの素材そのままを活かせたという特殊な背景があるという。

「『めちゃイケ』のEXILEが面白いのは、彼らが持つヤンキー的な側面をデフォルメして、その言葉のふしぶしにツッコミどころを見いだした、ナインティナインや番組制作スタッフの演出力の賜物。言ってしまえば、"素人イジリ"の技術に近い。だからトークの腕がなくともEXILEがただ立っているだけで、きちんと笑いが生まれていました。ですが、通常のバラエティ番組では、タレントが自主的にバラエティ的な動きをしなければならないわけですから、EXILEが『めちゃイケ』と同じ立ち方をしても、笑いを生み出すことはできないでしょう」(TVウォッチャー)

 やはりバラエティ番組進出には課題が残っているようだ。しかし、若い層から多くの支持を集める三代目JSBが、視聴率不振にあえぐテレビ業界に一石を投じる可能性はないのだろうか?

「三代目JSBメンバー各々のキャラクターが面白いという評判は聞いています。ボク個人的には、ELLYの天然ボケはバラエティ向きじゃないかと思ってるんですが(笑)。ただ、LDH側には『自分たちの本分はアーティスト活動』という確固たるプライドがあるので、そこがネックになってくる。

 ジャニーズのタレントたちがバラエティでこれだけ活躍するにいたったのは、SMAPの存在が大きい。彼らは『アイドルとしての本分』を一度かなぐり捨てて、バラエティ畑に裸一貫で飛び込んだ。だから制作側も"アイドル以上のタスク"を彼らに委ねることができ、結果として面白い番組をたくさん作ることができた。LDHのタレントたちにも裸一貫で体当たりする覚悟があれば、どんどんバラエティ番組に挑戦して新しい風を吹かせて欲しいですけどね」(バラエティ番組制作会社スタッフ)

 ボーイズグループの一大組織として君臨するジャニーズ事務所の対抗馬として頭角を現し始めたLDHのタレントたちは、果たしてバラエティ番組でも実績を残すことができるのだろうか。三代目JSBやE-girlsなどの好調で勢いを増す今こそ、果敢に挑んでほしいものである。


サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本
    • 【ジャンプ】部数暴落へ
    • 【マンガアプリ】成功の秘訣
    • 【ウェブ発エッセイマンガ】乱れ咲き
    • 【エッセイマンガ】あるある
    • 【こじらせ女子マンガ】の功罪
    • 人気マンガ【AKIRA】の寿命
    • マンガの常識を超えた【大友発明】
    • 日常を語る【戦争マンガ】の現在
    • 【手塚治虫】の戦争マンガ
    • 【しりあがり寿】4コマ描写の禁忌
    • 【接吻】で読む最新少女マンガ
    • 読むべき【キスマンガ】6選
    • 【ティーンズラブ】が熱い理由
    • 広告バナーでよく見る【TL】の中身
    • 時代は射精より【ウ♡チ】?
    • 【封印マンガ】はなぜ生まれたのか
    • 【筋肉マンガ】を科学検証!
    • 【刃牙】筋肉名場面
    • 経済評論家が読む【闇金マンガ】
    • 【日本マンガ翻訳】の限界
    • 変化する【フランス】マンガ市場
    • 【フランス】翻訳出版社6大勢力
    • 【マンガ雑誌】の危機的状況

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」