>   >   > 【ハリセンボン】のトークに見る"視点"の面白さ
連載
『林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」』【7】

新陳代謝が激しい女芸人界を生き残る【ハリセンボン】――そのトークに見る"視点"の面白さ

+お気に入りに追加

――元放送作家で、現在は脚本家として心機一転活動する林賢一が、生のトーク現場に裸一貫突入! 事務所の大看板・古舘伊知郎を始めとした先達たちが繰り広げるトークライブをレポートする。

今月のトークライブ

1512_hayashi_01.jpg

ハリセンボントークライブ「のます」

人物:ハリセンボン 日時場所:2015年10月23日 @阿佐ヶ谷ロフトA
芸人・ハリセンボン2人だけのトークライブ。2カ月に一度のペースで開催中。会場は阿佐ヶ谷ロフトA。飲み食いしながら鑑賞することができ、アットホームな雰囲気。

 女芸人の皆さまは新陳代謝が激しい。もちろん、彼女たちのお肌のことではなく、その活躍の場である。一時期はもてはやされてブームとなるが、気がつくと表舞台から姿を消した女芸人は数え切れない。不細工をウリにして“彼氏欲しい”トークをし、結婚後は“旦那とラブラブ”トーク。出産後は“ママ芸人”として家庭的な一面をさらけ出すのを見れば、女芸人としてのトークネタは豊富なような気がするが、それらの「出来事」は消費され、演者が様変りしていくだけなのかもしれない。

 そこでハリセンボンである。彼女たちはそんな“芸能界”に染まらず、かといってアングラになるわけでもなく、サブカルにも媚びない。ゴールデンタイムのテレビで活躍を続けながらも、決してプライベートゴシップを露骨に切り売りせず、存在感を残している。結果、消費されて疲弊することもない。一見地味に思えるかもしれないが、この現象は奇跡に近いかもしれない、とすら思う。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』