>   >   > 共演女優にめぐまれない【稲森いずみ】の憂鬱
ニュース
【premium限定ニュース】

まゆゆの次は武井咲、共演女優にめぐまれない稲森いずみの憂鬱

+お気に入りに追加
takeiemi1507s.jpg
『武井咲フォトブック bloom』(KADOKAWA/角川書店)

 存在感のある演技が定評のある女優・稲森いずみ。そんな稲森に対して、2作連続で共演女優に恵まれていないとの声があがっている。前作ではAKB48・渡辺麻友、そして今回は武井咲と共演する。

 7月9日スタートの『エイジハラスメント』(テレビ朝日系)で主演の武井が演じるのは、一流商社の新入社員だ。

「一時はアメリカ留学も目指していたほど優秀だが、家業が失敗した今はケチケチした生活を送っているという役で、若くてきれいという以外に武井本人との共通項は見当たらない。果たしてどんな演技を見せるのか、視聴者のほうがハラハラしてしまいそうです」(テレビ誌ライター)

 一方の稲森が演じるのは、武井が所属する総務部の総務課長。仕事と育児を両立させて花型部署で働いていたが、総務部に異動となって焦りやあきらめを感じているという役である。同年代の女性や働く女性なら彼女の役柄に共感できそうで、演技派の稲森にピッタリの役柄と言えるかもしれない。

 そんな上司の稲森と、部下の武井を軸に進むこのドラマ。武井がいい演技を見せてくれれば、助演女優としての実績が豊富な稲森が主役を支える演技でドラマ全体を盛り立ててくれるだろう。だが、肝心の武井が期待外れの演技となった場合は、いくら稲森でもドラマ全体を救うことは難しいかもしれない。

「実際、この4月クールに放送されていたフジテレビのドラマ『戦う!書店ガール』が、低視聴率に沈んだことは記憶に新しい。渡辺と稲森のダブル主演という配役だったが、主演を張るには厳しい渡辺の演技に、稲森の達者な演技がむしろ浮いてしまう場面も少なくなかった。幸いなことに低視聴率の戦犯とはされていない稲森だが、記録的な低視聴率ドラマに出演したという事実がキャリアの一部になったことは間違いない」(テレビ誌ライター)

 実はこの稲森、過去にも主演女優に恵まれなかった経験がある。それは2011年のフジテレビ「私が恋愛できない理由」だ。香里奈、吉高由里子、大島優子の3人がトリプル主演したこの作品、平均視聴率16%となかなかのヒット作になったが、一方で現場は香里奈や大島に振り回されていたという。それでも視聴率が取れたのは、吉高の達者な演技に加え、稲森ら脇を固まる共演者たちの努力によるものだろう。

 そんな稲森は、2011年にザ・テレビジョンが選ぶ助演女優賞の第一位に選ばれるなど、主役を支える演技は天下一級品。もし今回の「エイジハラスメント」が高視聴率を獲れるようであれば、その功績として稲森の名演技をあげずにはいられないはずだ。


サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本
    • 【ジャンプ】部数暴落へ
    • 【マンガアプリ】成功の秘訣
    • 【ウェブ発エッセイマンガ】乱れ咲き
    • 【エッセイマンガ】あるある
    • 【こじらせ女子マンガ】の功罪
    • 人気マンガ【AKIRA】の寿命
    • マンガの常識を超えた【大友発明】
    • 日常を語る【戦争マンガ】の現在
    • 【手塚治虫】の戦争マンガ
    • 【しりあがり寿】4コマ描写の禁忌
    • 【接吻】で読む最新少女マンガ
    • 読むべき【キスマンガ】6選
    • 【ティーンズラブ】が熱い理由
    • 広告バナーでよく見る【TL】の中身
    • 時代は射精より【ウ♡チ】?
    • 【封印マンガ】はなぜ生まれたのか
    • 【筋肉マンガ】を科学検証!
    • 【刃牙】筋肉名場面
    • 経済評論家が読む【闇金マンガ】
    • 【日本マンガ翻訳】の限界
    • 変化する【フランス】マンガ市場
    • 【フランス】翻訳出版社6大勢力
    • 【マンガ雑誌】の危機的状況

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」