>   > 【オカルト業界】では地龍が乱れて富士山噴火!?

――ここまで、北陸新幹線開通による(裏)経済効果を試算してきたが、実はもうひとつ、経済誌では決して語られない、日本海側の商業繁栄に関わる重要な変化が起きているという。かつては"裏日本"とも呼ばれた日本海側では今、陰陽道で信じられてきた「地龍」に変化が起きているようで……。その恐るべき影響とは?

[開通プラス度数 +30%]
北陸止まりでは"地龍"が乱れて、自然災害が頻発し、富士山を噴火させてしまう恐れがあります!!

onmyoji1504s.jpg
『陰陽師』(文春文庫)

「と~や~ま、いしかわ、ふくい♪」(JR東日本 北陸新幹線CMより)と浮かれてばかりはいられない。陰陽道的視点から見ると、北陸新幹線によって日本列島が"乱れまくる"らしい。「新幹線が開通して、日本がヤバい」なんて、にわかには信じがたいような警鐘を鳴らすのが、『超速! 最新日本史の流れ』(ブックマン社)などの著者で、人気予備校講師、古神道神主などの肩書を持つ竹内睦泰氏だ。なんでも、新たに路線を通すことによって地龍が乱れ、列島全体に厄災をもたらすのだという。地龍とは、陰陽道において、地面にあり、生命のエネルギーの源となっている「地脈」とされるもの。ちなみに竹内氏の先祖は陰陽道をかつて統括していた「中務省(なかつかさしょう)」の出自で、竹内氏自身も陰陽道に精通しているのだ。

「地龍が変わると、かなりの確率で地殻変動が起こります。実際に近年は噴火や地震が多く、それが徐々に富士山に近づいています。これはマズいですよ!」

 確かに、2001年の北陸新幹線着工後には、その周辺で新潟県中越地震(04年)、能登半島地震(07年)、さらに14年11月には長野県北部で震度6弱の地震が起きている。また、同じく14年には長野の御嶽山の噴火も起こっており、これ以上、地震や噴火が頻発すると、本当に富士山も火を噴くことになってしまうのだろうか……。そう危惧したところで、人気講師・竹内先生の講義は始まった。

「日本の文明は、今から約1万6500年前、縄文時代に始まりました。この文明は大陸から伝わってきたというのが定説ですが、中国で出土された土器は最古で約8000年前のもの。つまり、世界で初めて文明が生まれたのは日本なんですよ!」

 話がいきなり飛躍したが、その時代はまだギリギリ氷河期というか、寒い時代だったような……。そんな状態で、文明は生まれるものなのだろうか?

「いい質問ですね。氷河時代に日本で文明が生まれたのはなぜか。それは、火山による熱で、温暖な土地があったからです。そのため、今でも火山信仰はありますし、神社も火山の近くにあるでしょう?」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本
    • 【ジャンプ】部数暴落へ
    • 【マンガアプリ】成功の秘訣
    • 【ウェブ発エッセイマンガ】乱れ咲き
    • 【エッセイマンガ】あるある
    • 【こじらせ女子マンガ】の功罪
    • 人気マンガ【AKIRA】の寿命
    • マンガの常識を超えた【大友発明】
    • 日常を語る【戦争マンガ】の現在
    • 【手塚治虫】の戦争マンガ
    • 【しりあがり寿】4コマ描写の禁忌
    • 【接吻】で読む最新少女マンガ
    • 読むべき【キスマンガ】6選
    • 【ティーンズラブ】が熱い理由
    • 広告バナーでよく見る【TL】の中身
    • 時代は射精より【ウ♡チ】?
    • 【封印マンガ】はなぜ生まれたのか
    • 【筋肉マンガ】を科学検証!
    • 【刃牙】筋肉名場面
    • 経済評論家が読む【闇金マンガ】
    • 【日本マンガ翻訳】の限界
    • 変化する【フランス】マンガ市場
    • 【フランス】翻訳出版社6大勢力
    • 【マンガ雑誌】の危機的状況

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」