>   > 寝耳に水の打ち切り!テラスハウス終了で憤激した音楽業界
ニュース
でも若い子みんな見てたよね

寝耳に水の打ち切り!テラスハウス終了で憤激した音楽業界

+お気に入りに追加

偽物に先を越され急がば回れ商法始動

番組開始早々、「テラハで流れている音楽がおしゃれと話題に!」とネットで取り上げられると、『TERRACE HOUSE Covers~BOYS×GIRLS LOVE somebody Songs~』なる海賊盤が登場。「テラハのコンピ聴いてる私、おしゃれ!」と勘違いしていたのも束の間、すべてカバーソングで構成されたパチモンでした。
1411_news_03.jpg
ワーナーミュージックからリリースされた、テラハの“恋愛”をテーマにしたコンピ『TERRACE HOUSE TUNES - We were once in love』。こちらは本物。

 2012年10月に放送を開始した『テラスハウス』(フジテレビ)が、数々のゴシップを提供しつつ、去る9月29日に最終回を迎えた。同番組は、神奈川県・鎌倉にそびえる一軒家を舞台に、見知らぬ男女が共同生活を通し、そこから生まれる恋愛模様や人間関係を描いたリアリティショーとして世間の注目を集めた。その関心は、現代の若者のリアルな生活を映し出すコンセプトだけではなく、参加メンバーの動向にも注がれた。番組開始当初には、恋愛禁止がルールである国民的アイドルグループ、AKB48のメンバーの北原里英が出演し、異性を交えた共同生活を送るということで物議を醸したことも記憶に新しい。加えて、グラビアアイドルとして活躍する筧美和子をはじめ、モデルの今井華など、同番組への出演をきっかけに活躍の場を広げていったメンバーが多く存在し、ネクストブレイカーの輩出にも大きく貢献。

 その一方で今年3月、「台本は一切ありません」と謳っているはずの番組に、「スタッフの指示で告白やキスを実行すれば”特別報酬”が支払われる」といった”ヤラセ疑惑”【1】を「FLASH」(光文社)にすっぱ抜かれた。さらに5月には「週刊文春」(文藝春秋)が同番組の制作スタッフによる出演者へのセクハラ・パワハラがあったことを掲載。続けざまのスキャンダルにより、テラハはイメージダウンを免れない状態に陥った。

MEMO『テラスハウス』
12年10月から今年9月までフジテレビで放送されたリアリティ番組。今年初頭から番組内のノンリアルっぷりが次々と暴露され、番組は終了。

 視聴者からの心配の声をよそに、8月には番組終了のアナウンスがなされたテラハだが、「やはりセクハラが原因か」との声も上がり、数々の失態が続くフジテレビの意識を問う関係者も少なくない。

「テラスハウスのメンバーは、お笑い芸人や俳優の卵、レコード会社スタッフなど、さまざまな男女が参加していましたが、彼らの”テラハ外”の映像を織り交ぜるのも番組の見どころのひとつでした。ですが、明らかに撮影不可のシチュエーションにも入り込み、『(番組では)使いませんから』と言いながらカメラを回し続けていたようです。面白い画が撮れるかもしれない、ということでしょうが、そういったフジテレビのスタンスには相変わらず節度がないと話題でした」(メディア関係者)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

映画のミカタ

映画のミカタ

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【彩川ひなの】ハレンチボディを毛布で包む

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ
    • 【真木しおり】爆乳JKのお戯れ

インタビュー

連載

    • 【橋本マナミ】いつかさらわれたいんです。
    • プレ東京五輪で優勝した期待の自転車選手
    • 【小島瑠璃子】好きになってもいいですか?
    • 高度に発達した【広告技術】の真実
    • 里美ゆりあ、さかもと未明、小池百合子の共通点は?
    • 【BOSS THE MC】20年間〈トーク〉をやめなかった男
    • 【アニソン音頭】が列島を制覇する
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【クライヴ・デイヴィス】黄金の耳を持つ名物社長
    • 【山尾志桜里】当選に見る政治史
    • 脳を破壊する【ロボトミー】ノーベル賞の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『女神の見えざる手』
    • 国民はなぜ「現状維持」を選んだ――【衆議院選】の総括
    • 小原真史の「写真時評」
    • サザエのアンチエイジング
    • ジャングルポケット/毎分1万5000回転!ハードすぎるローターがスゴイ!
    • 【半沢直樹】夫婦間呼称問題、セレブ妻が見せた女性側の内紛
    • エロいラップをする女性ヒップホップグループ
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化の墓泥棒が集う映画館で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』