サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【新生K-1】が早くもピンチ!!
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

未払い問題に加え、チケットがまったく売れず……早くも暗雲が立ち込める新生K-1の窮状

+お気に入りに追加

――今年、韓国人実業家が新たなオーナーとなり、再生の道を歩き出した新生K-1がいよいよ10月14日に両国国技館で大会を開催する。新生K-1にとって初の日本大会となるが、チケットの前売り状況は大苦戦。早くも未払い問題も囁かれており、果たして本当に大会は行われるのだろうか?

1210_p_news_k1.jpg
新生K-1のHPより。スペイン・マドリードの旗揚げ興行でも未払いが発生したということだが、日本興行は……。

 2年ほど前からK-1の財政難が表面化、選手へのファイトマネー未払いが続出し、ついに今年5月に運営会社だったFEGは東京地裁から破産手続開始の決定を受けた。FEGに代わってK-1を運営することになったのが韓国人オーナーのゲーム会社だ。「K-1グローバル ホールディングス」を設立、新生K-1として興行を再開したのだが、こちらもさっそく未払い問題を起こしている。

 問題となったのは、新生K-1の旗揚げ興行(5月27日=スペイン・マドリード)だ。大会に協力したヨーロッパの格闘技団体からファイトマネー未払いを暴露され、「K-1グローバル ホールディングス」が反論する事態となった。格闘技関係者は「大会を手伝うため、日本から複数のスタッフが出向いたのですが、こちらのギャラも未払いだそうです。結局、運営会社が変わっても体質は以前となんら変わっていない」


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

インタビュー

連載