サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【新生K-1】が早くもピンチ!!
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

未払い問題に加え、チケットがまったく売れず……早くも暗雲が立ち込める新生K-1の窮状

+お気に入りに追加

――今年、韓国人実業家が新たなオーナーとなり、再生の道を歩き出した新生K-1がいよいよ10月14日に両国国技館で大会を開催する。新生K-1にとって初の日本大会となるが、チケットの前売り状況は大苦戦。早くも未払い問題も囁かれており、果たして本当に大会は行われるのだろうか?

1210_p_news_k1.jpg
新生K-1のHPより。スペイン・マドリードの旗揚げ興行でも未払いが発生したということだが、日本興行は……。

 2年ほど前からK-1の財政難が表面化、選手へのファイトマネー未払いが続出し、ついに今年5月に運営会社だったFEGは東京地裁から破産手続開始の決定を受けた。FEGに代わってK-1を運営することになったのが韓国人オーナーのゲーム会社だ。「K-1グローバル ホールディングス」を設立、新生K-1として興行を再開したのだが、こちらもさっそく未払い問題を起こしている。

 問題となったのは、新生K-1の旗揚げ興行(5月27日=スペイン・マドリード)だ。大会に協力したヨーロッパの格闘技団体からファイトマネー未払いを暴露され、「K-1グローバル ホールディングス」が反論する事態となった。格闘技関係者は「大会を手伝うため、日本から複数のスタッフが出向いたのですが、こちらのギャラも未払いだそうです。結局、運営会社が変わっても体質は以前となんら変わっていない」


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

禁じられたSEX論

禁じられたSEX論

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【永尾まりや】肉じゃがが得意なんです。
    • 【遠山茜子】No.1ギャルと呼ばれる苦悩
    • 【AK-69】が語るヒップホップドリーム
    • 【電子たばこ】は身体に悪いのか?
    • 祝TBS退社!【いつも宇垣に恋してるッ】
    • 【メイカーの伝道師】が語る日本人が目指すべき道
    • 高須基仁/【ツイッター】下品さに喝
    • 【エイプリルフール】という祭り
    • 日本のスーパーが【アリババ】に制圧される日
    • 町山智浩/【ビリーブ】アメリカの未来を担う女性最高判事
    • 【勤勉さで経済大国に】という日本人の誤認
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/ちえみリボーン
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/【失恋ショコラティエ】で女たちは"第二希望"を受け入れた
    • 世界でファンを増やし続ける【SHIBARI】とは?
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【琉球】でビールを造る老舗酒販店の3代目
    • 伊藤文學/【薔薇族】万引きで自殺した少年
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』