サイゾーpremium  > 連載  > ダンディ長瀬ハワイのセクハラAV問答  > 【長瀬ハワイ×手島優】ぶっちゃけ対談 "ウソとホント"全部話します!!
連載
DANDY長瀬ハワイのセクハラAV問答【特別編】

長瀬ハワイ×手島優のぶっちゃけ対談 私たちの”ウソとホント”全部話します!!

+お気に入りに追加

──本誌で人気の長期連載「セクハラAV問答」でお馴染みの、“ちょいワル”AVメーカー・DANDYの長瀬ハワイ監督。いつもの連載では素人さん相手にエロトークを繰り広げているが、「たまにはアイドルとかに会いたい! ていうか前からファンだった巨乳グラドル・手島優ちゃんに会わせろ!」と絶叫気味に熱望。というわけで、今回の対談とあいなった。

1210_dandytejima.jpg
(写真/菅野ぱんだ)

 手島優といえば今年7月、『サンデー・ジャポン』(TBS系)にて2歳の年齢詐称を告白し、8月に30歳になったばかり。ぶっちゃけキャラにますます磨きがかかり、怖いものなしといった感のある彼女は、気鋭のAV監督相手にどんなトークを繰り広げるのか?

 セクシーなイメージを表現しつつも、“一線”を越えるか越えないかで大きな違いのあるグラビア業界とAV業界。近そうで遠いそれぞれの業界について、その“ウソ”と“本音”をぶつけ合ってもらった。

長瀬ハワイ(以下、) 僕、台湾で開催された巨乳コンテストで手島さんのことを知ったんですよ。

手島優(以下、) すごいですね、そんな前から! あれは2006年かな? まだ前の事務所にいた時代なんですけど、台湾のイベントで「最も美しい理想的なバスト賞」をいただいたんですよね。

 僕、爆乳好きなんですよ。子どもの頃、『世界びっくり人間コンテスト』みたいなテレビ番組で「世界一おっぱいがデカイ女性」を見ちゃいまして。その人、来日して浴衣を着て温泉に行って混浴風呂に入って、じいさんばあさんが見てる目の前で、その巨大なおっぱいで突然お湯をかき混ぜ始めたんです!

 んはは、なにそれ~(笑)。

 僕はそれを見て、激しく興奮しちゃったんです。初めて見た母親以外のおっぱいだったので……。それで爆乳好きになっちゃったというわけなんです。

 私としては、ありがたい話ですね。今って、巨乳・爆乳好きの人って減ってきてるんですよ~。

 おっぱい好きは根強くいると思いますけどねえ。巨乳をフィーチャーしたAV作品の売れ行きって、今でも全然悪くないんですよ。手島さんはAVって見ますか?

 はい。友達にAV女優の子も何人かいるので、彼女たちのを。

 えっ、誰?

 Rioちゃんとかみひろちゃんとかですね。テレビでご一緒したのがきっかけで。で、アマゾンで彼女たちのAVを買ってみて、『どんなコトやってんだぁ~?』って見てます。グラビアのイメージビデオを見ているような感覚で、「ほう、こうやって仕事モードに切り替えてんのかあ〜。普段はあんな感じなのにな~」なんて。

 やっぱみなさん、キャラは変えてますもんね。

 変えてるとは思います。だってみんな、普段はあんな痴女だったりはしない(笑)。いつもは真面目で気遣いができて人見知りなのに、AVのお仕事になるとドエロになる。私もグラビアのお仕事の際は挑発系が多いんですけど、普段は別にそんな挑発して歩いてるわけじゃないんで(笑)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』