サイゾーpremium  > インタビュー  > ヤクザ監督が【高野連】に吠える!!
インタビュー
「21世紀枠に負けたのは末代までの恥」発言のアノ人!

【野々村直通】元”やくざ高校野球監督”が、傲慢な高野連に物申す!

+お気に入りに追加

──各高校に対して絶対的権力を持つ「日本高等学校野球連盟」。時にそのあり方に批判も出る中で、相当な不満を持っていたという元高校野球監督がその想いを告白した!

1208_nonomura.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)

 今年もやってくる球児たちの夏を前に、とある高校の元野球部監督が上梓した自叙伝『やくざ監督と呼ばれて』(白夜書房)が話題だ。

 その著者、野々村直通氏は、島根・開星高校を春夏通算10回の甲子園出場を誇る強豪校へと育て上げた名伯楽。2年前の春センバツで、「21世紀枠に負けたのは末代までの恥」と発言して物議を醸した、やたらコワモテな監督といえば、記憶にある人も多いだろう。

 そんな野々村氏の波瀾万丈な半生はくだんの書に譲るとして、ここで知りたいのは、しばしば「独善的」との声も聞かれる上部組織『日本高等学校野球連盟』(以下、高野連)と、現場指揮官たちとの確執だ。かの“舌禍騒動”では一時、辞任に追い込まれた氏だけに、さぞや一家言あるに違いない。

「子どもらの目標である甲子園を、ここまでメジャーな大会にしてくれたことには感謝もするけど、すべてが高野連の胸先三寸で進んでしまう現状には思うところもようけある。そもそも部活動が教育の一環である以上、最終的な意思決定権は学校側にないとおかしいし、実際、高体連【※1】傘下の部活なら、生徒の処分ひとつとっても職員会議で決められる。高野連だけがそれを許さず、報告せんかったら処罰までされるんやから、一生懸命やってる監督ほど軋轢も生まれてくるわな」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学
    • 【美人コンテンツ】炎上考現学
    • 複雑化する【ミスコン】批判の論点
    • 【ミス・ユニバース】の問題点
    • 【世界で最も美しい顔】の胡散臭さ
    • 【柳美稀】が魅せた美グラビア
    • 進化する【美ジネス】の最前線
    • 【整形大国・韓国】の顔採用事情
    • 【ブス作品】とルッキズムの関係
    • 傑作【ブス主人公】作品レビュー
    • 【スダンナユズユリー】がネオ・レディースに!
    • 【ディスニー・プリンセス】変遷の記録
    • 【キリスト教】の女性受容史
    • 【日本酒と美人】の意外な歴史
    • 知っておくべき【5大美人酒】
    • 【地域別美人言説】の謎を追う!
    • 【ジブリヒロイン】芸能界ドラフト会議

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

NEWS SOURCE

    • 自民党と【創価学会】の不協和音
    • 【沢田研二】だけじゃない空席問題
    • 脆弱な日本の【サイバーセキュリティ】

インタビュー

    • 【是永瞳】大分から来た高身長ガール
    • 【六道寺】特攻服のママさんシンガー
    • 【ちぃたん☆】絶賛炎上中のゆるキャラ

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』