>   >   > 【韓国スポーツ】では八百長も当たり前!
1206_az_kankoku_.jpg
『なぜ日本人ゴルファーは韓国人に勝てないのか?』(エンターブレイン)

 本誌5月号でも既報だが、朝日新聞のスクープに端を発した読売ジャイアンツの契約金問題や、タレント・猫ひろしのカンボジア国籍問題など、ロンドン五輪を前に、露呈したスポーツ界の不正報道。だがお隣の韓国では、さらに深刻な状況だという。

 4月14日、昨年まで韓国プロサッカー連盟(以下、Kリーグ)の元水原三星所属のイ・ギョンファンが、仁川広域市の自宅マンションから転落死しているのが発見された。これは自殺とみられ、まだ24歳の若さで死を選んだことに驚きを隠せないが、「人生の歯車が狂ったすべての要因は、八百長に手を染めたこと」(現地スポーツ記者)が原因だという。

 事の発端は2009年。Kリーグのチーム大田シチズンでプロサッカー選手としてデビューしたイは同年、42試合に出場し主力選手として活躍。だが、11年に水原三星に入団してからすぐ、大田時代に八百長に絡んでいたことが発覚し、退団を余儀なくされた。法院(日本の裁判所にあたる)からは保護観察3年、社会奉仕300時間の判決を受けたほか、不正に受け取った金額の返済も要求された。また、韓国のサッカー協会は選手資格を永久にはく奪した。

「サッカー以外はほとんど何もしたことがない彼にとって、社会復帰は困難を極めた。それでも居酒屋でアルバイトをしながら生計を立て、兵役の時期を待っていたが、ある日、車で女性3人と接触事故を起こしてしまった」(前出・記者)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』