>   > 【夏目三久】が心中を激白!
インタビュー
「サイゾーpremium」リニューアル記念

【限定インタビュー】夏目三久が心中を激白! 「踏み出さなければどうにもならなかった」

+お気に入りに追加

夏目三久、職業タレント。日本テレビアナウンサーとして、2007年の入社から半年で、昼の帯番組のアシスタントに大抜擢。報道からバラエティまでこなす大型新人として将来を嘱望されていた。しかし11年、日本テレビからの退社を決断。タレント転身後、初のレギュラー番組『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で、歯に衣着せぬ物言いのタレントであるマツコ・デラックス、有吉弘行の2人と堂々と渡り合う姿に、驚いた人も多いはず。かつての優等生的イメージから抜け出し、文字通りタレント(=才能)として勝負する道を選んだ夏目さん。今回「サイゾーpremium」のリニューアルに合わせ、同じく新たな一歩を踏み出した彼女にインタビューした。

1205_natsume1.jpg

──フリーになって最初のレギュラー番組『マツコ&有吉の怒り新党』が、深夜としては異例の高視聴率を獲得し、開始からわずか半年でテレ朝のゴールデンタイムと言われる23時台に昇格するなど、順調な滑り出しですね。

夏目 それは私の力ではまったくなく、ラッキーな場所にいられたというのが正直なところです。人気も実力もあるマツコさんと有吉さんと一緒にやっていく中で、みなさんに支持されているならとても幸運だったと思っています。

1205_natsume2.jpg

──番組初期は、そのお2人が夏目さんに対してキツめに言うことも多かったですが、最近は3人の息がぴったり合っているように感じます。

夏目 あの番組は、台本もないし打ち合わせもなくて、本番前に3人で話すこともないんです。初期の頃は、2人が「番組をこうしていきたい」というスタッフに対する意見や文句を、私が代表して受けるという構図でした。今は番組の方向性や、今は誰がしゃべる番で、「ここは誰に落としてもらおう」という3人の呼吸ができてきた。そういう意味でチームワークが生まれてきているのかもしれませんね。

──マツコさんと有吉さんは、女子アナ嫌いを公言されていますよね。そんなお2人でも、女子アナ出身の夏目さんに一目置かれているように見えます。


人気記事ランキング
  1. 1別れる前のハワイ旅行はお約束? ZOZOTOWN社長にポイ捨てされた紗栄子、社長夫人の夢敗れたり!?2016.7.18
  2. 2『もののけ姫』の石火矢衆は犬神人そのもの――祇園祭でも大活躍!中世賎民が担った役目2016.7.27
  3. 3【磯部涼/川崎】スケボーが創り出すもうひとつの川崎2016.7.28
  4. 4「餃子の王将」社長はなぜ射殺されたのか――同和問題に暴力団、行政の腐敗…京都社会の裏を描くブックガイド2016.7.28
  5. 5【旅行雑誌には載らない"京都"裏案内】そこには、“夢”があった――ANARCHYが誕生した向島団地の真実<前編>2016.7.18
  6. 6『笑点』という大輪の花は、テレビに適応できず死んだ噺家たちの屍の上に咲いている――幽霊、落語から落日のテレビを観る。2016.7.25
  7. 7かわいいだけじゃやっぱりダメ!? フジテレビ・細貝沙羅アナウンサー人事異動に見る女子アナに必要な資質2016.7.7
  8. 8京都における光と影──伝統を支えたのは在日朝鮮人? 京が誇る友禅染と西陣織の裏面史2016.7.27
  9. 9【ビートたけし不定期連載】あのホテルが舛添効果で「ホテル満月」に改称 !?  猪瀬直樹よ、お前が言うなっつーの2016.7.27
  10. 10【哲学入門】英国がEU離脱を選択した背景には「主権は国民のもとにあるべきだ」という主張が根強くある2016.7.27
サイゾープレミア

2016年8月号

サブカル化するテレビと芸人の命運

サブカル化するテレビと芸人の命運
    • 【テレビを殺す】のは一体ダレか?
    • 芸人は皆【最期の仕事】を選べない
    • 【ビートきよし】が語る"引退"

サメと現役JKのキケンな邂逅

サメと現役JKのキケンな邂逅
    • 夢アド【京佳ちゃん】サメと絡む

インタビュー

連載