連載
お騒がせ男の“最初で最後の懺悔録”―高須基仁の「全摘」 新連載No.01

志のないグラビア界へ、これが私の遺言状だ!長澤まさみの撮影秘話暴露!

+お気に入りに追加

──64歳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

1205_takasu.jpg
2012.3.3熟女クイーンコンテストは、やくみつるや丸茂ジュンらを審査員に迎え、7人の候補が踊って、悶えて、電マして、と大盛り上がり。12代目熟女クイーンに輝いたのは、紫彩乃さん。全身から熟れたエロスが滲みでる。

 2011年12月号の本誌コラムで「今はヘアヌードではなく、無毛が礼賛されている」と書いた。実は、これと同じ話を、フォーシーズンズホテルの日本料理店で「週刊現代」(講談社)の鈴木章一編集長にも話していた。「きっとパクるだろうな」と思って先に本誌に書いたのだが、案の定、年明けの「週刊現代」で「無毛ヌード時代を始めよう」という袋とじ特集が2回にわたって掲載された。1回目は、謝礼として10万円が振り込まれた。2回目は音沙汰なし。「seeds(シーズ=種)」の提供者を敬わないのはいけないな。

 90年代、ヘアヌードを解禁させたのは大手出版社ではない。KKベストセラーズ、竹書房、リイド社、ワニブックスなど、独立独歩の小さな会社がヘアヌード写真集を出版してシーズを発芽させ、大手はそのパブリシティ用のグラビアを掲載し花を咲かせ、ビジネスとして格上げした。今回、「週刊現代」がひとりで「無毛時代」と騒いでも意味がない。

 今の出版界は、とりわけグラビア界は短期決戦型。シーズをつくる志がない。私が、かつて「ババア」とバカにされていた中年女性たちを「熟女」と称し、「女の三大勲章は、三段腹、下がった尻、垂れ乳」と礼賛すると、「週刊ポスト」(小学館)が「美熟女」と言い始めた。さらに、光文社の女性誌「美ST」は「美魔女」と呼び、アンチエイジングだのなんだのと浅薄なコマーシャルイズムの中で浮かれている。「美魔女」は、私が主催する「熟女クイーンコンテスト」のエピゴーネンにすぎない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー