連載
お騒がせ男の“最初で最後の懺悔録”―高須基仁の「全摘」 新連載No.01

志のないグラビア界へ、これが私の遺言状だ!長澤まさみの撮影秘話暴露!

+お気に入りに追加

──64歳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

1205_takasu.jpg
2012.3.3熟女クイーンコンテストは、やくみつるや丸茂ジュンらを審査員に迎え、7人の候補が踊って、悶えて、電マして、と大盛り上がり。12代目熟女クイーンに輝いたのは、紫彩乃さん。全身から熟れたエロスが滲みでる。

 2011年12月号の本誌コラムで「今はヘアヌードではなく、無毛が礼賛されている」と書いた。実は、これと同じ話を、フォーシーズンズホテルの日本料理店で「週刊現代」(講談社)の鈴木章一編集長にも話していた。「きっとパクるだろうな」と思って先に本誌に書いたのだが、案の定、年明けの「週刊現代」で「無毛ヌード時代を始めよう」という袋とじ特集が2回にわたって掲載された。1回目は、謝礼として10万円が振り込まれた。2回目は音沙汰なし。「seeds(シーズ=種)」の提供者を敬わないのはいけないな。

 90年代、ヘアヌードを解禁させたのは大手出版社ではない。KKベストセラーズ、竹書房、リイド社、ワニブックスなど、独立独歩の小さな会社がヘアヌード写真集を出版してシーズを発芽させ、大手はそのパブリシティ用のグラビアを掲載し花を咲かせ、ビジネスとして格上げした。今回、「週刊現代」がひとりで「無毛時代」と騒いでも意味がない。

 今の出版界は、とりわけグラビア界は短期決戦型。シーズをつくる志がない。私が、かつて「ババア」とバカにされていた中年女性たちを「熟女」と称し、「女の三大勲章は、三段腹、下がった尻、垂れ乳」と礼賛すると、「週刊ポスト」(小学館)が「美熟女」と言い始めた。さらに、光文社の女性誌「美ST」は「美魔女」と呼び、アンチエイジングだのなんだのと浅薄なコマーシャルイズムの中で浮かれている。「美魔女」は、私が主催する「熟女クイーンコンテスト」のエピゴーネンにすぎない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【芸能界】権力構造とパワハラの闇
    • 【女性の社会進出】で浮き彫りになった問題
    • 【ヤフーニュース】という怖い権力
    • 【ヤフトピ】が抱える懸念点
    • 【GREEN KIDS】が紡ぐ移民の歌
    • 【共産圏】らで禁忌化するラップ
    • 風水が後押しする【タッキー】社長就任
    • 【豊川稲荷とメリー喜多川】の共鳴
    • 不正入試で揺れる【医学部】の闇
    • 米国の【大麻解禁】と処方薬汚染
    • 【処方薬】の犠牲になったポップスター
    • 塗り替えられた【五輪ユニフォーム】
    • 【原発と精神病院】そして戦後日本
    • 慰めとしての百田尚樹【日本国記】
    • 【ストロング系チューハイ】レビュー
    • ストロングゼロが霞む【米国】ヤバい酒

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

NEWS SOURCE

    • ヤリ手社長の徹底管理!【米津玄師】の実態
    • 【官邸ポリス】と警察官僚内紛の点と線
    • 【ネットフリックス】でテレビ業界崩壊?

インタビュー

    • 【宮下かな子】姉御肌女優の管理術
    • 【舐達磨】シーンをかき回す熊谷のラッパー
    • 【金属バット】劇場出禁!? 異端漫才師の生き様

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』