サイゾーpremium  > 特集  > ネットストア創設者のITベンチャーキャピ...

──特集【2】対談で林信行氏とクロサカタツヤ氏が挙げた各サービスや注目企業の詳細をご紹介。どれが最も"革命感"を感じますか?

1203_pirika.jpg

■楽しくゴミを拾って世界をきれいに!
【1】PIRIKA(アプリ)
運営/PIRIKA(代表:小嶌不二夫) アプリリリース/11年5月
「世界中のゴミを拾い、世界をきれいにする」という問題意識から生まれた"ゴミ拾いソーシャルアプリ"。街中に落ちているゴミを拾って投稿すると、写真が位置情報付きでマップに登録され、ほかのユーザーから感謝の言葉などを受けられるという仕組み。全世界で年間1億個のゴミが拾われることを目指している。

1203_grow.jpg

■10年代によみがえった投げ銭システム
【2】Grow!(サービス)
運営/Grow! Inc.(代表:一ツ木崇之)サービス開始/11年4月
Web上で気に入ったコンテンツに対して、クリックするだけで少額のチップ(1Glow!あたり1ドル分のポイント)を贈ることができる"ソーシャル・チッピング・プラットフォーム"。欧米圏への普及を狙ったサービスとして、海外を拠点に活動している。代表の一ツ木崇之氏は元DJで、ファンとクリエイターの間をつなぐサービスとして開発したという。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

禁じられたSEX論

禁じられたSEX論

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載