>   >   > 残念なイケメンに萌えて共感する河内遙の『...
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第19回──【COMIC編2】

残念なイケメンに萌えて共感する河内遙の『関根くんの恋』

+お気に入りに追加

2012年1月号 COMICクロスレビュー

■『花男』(はなだん)作者の腐女子学園モノ!

1201_torato.jpg

『虎と狼』(5巻)
作/神尾葉子
掲載/「別冊マーガレット」(集英社)
価格/420円 発行日/10月25日
高1の美以(ミー)は筋金入りの腐女子。定食屋を営む祖母と2人暮らしで、調理の手伝いをしているが、常連のイケメン2人が互いを「トラ」「オオカミ」と呼び合うのを聞いて妄想が暴走気味。そして進級した春、新任教師として2人が赴任してくる。親しくするミーだったが、そのせいで同級生の嫉妬を受けるなど、波乱の日々が続く。『花男』作者の新作。

【ライター・高野評】
★★★★★★★☆☆☆
様式美の完成度は高し
「少女マンガ=花より男子」というレベルの代表作を持つベテラン作家の力量を思い知らされた。ツンとした黒髪男子とやさしい白髪男子の配置。教室の冷戦と、戦う女の子への共感。確かに目新しさはないが、様式美として完成している。ちなみに、『花男』の時代から男子たちの関係性にBL的想像力を感じていた身としては、作者自身の告白によってそれを裏付けられたことがうれしい。これって少女マンガのテーゼとして、重大な告白ではないだろうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』