>   >   > 大根仁のフェティッシュ全開! 映画版『モ...

──低迷する映画業界よ、こんな時代だからこそ攻める映画を! 保守的になりがちな映画業界に喝を入れる映画評。映画を見る前にこれを読むべし!

2011年10月号 MOVIEクロスレビュー

■超人気マンガ、ドラマから今度は劇場へ
『モテキ』

1110_moteki.jpg

監督・脚本/大根仁
企画/川村元気 原作/久保ミツロウ
出演/森山未來、長澤まさみ、仲里依紗、真木よう子、麻生久美子
配給/東宝 公開/9月23日

非モテでヒネた31歳・幸世(森山)は転職してニュースサイトのライターになる。今度のモテキのお相手は雑誌編集者(長澤)、年上OL(麻生)、ガールズバー店員(仲)、先輩社員(真木)の4人。モテキの先には何がある!? 人気原作マンガが、主演と監督はそのままに、ドラマから劇場版になった。


【映画文筆業・那須評】
★★★★★★★☆☆☆
童貞市場のゴール、ここにあり
長澤まさみが可愛すぎる。男のグラビア的な妄想に消費されない中性的な顔立ちとショートパンツの似合うのびやかなカラダ、かつ女でも嫁にしたいほどのオンナ力の高さは偉大。自意識過剰なサブカル男子の恋愛ルサンチマンをここまでポップにメジャーで成立させたのは童貞市場のゴールであり、自主映画はその危機を感じるべき。90年代渋谷系カルチャーとその末裔の総括の記録としても貴重だが、仮想敵がB’zというのはいかがなものか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』