>   > 女子向けから高スペック機種まで一刀両断!...

──各キャリアからシーズン毎に発売されるスマートフォン。あらゆる雑誌でこれらスマホの特集記事を見かけるが、"辛口"な評価を下す4誌を厳選して、クロスレビューでお届け!

【雑誌紹介】

1110_getnavi.jpg

「Get Navi」(2011年8月号)
(学習パブリッシング/590円/毎月24日発売)
家電、デジタルグッズからファッションまで扱うモノ雑誌。2011年8月号では『スマートフォン 夏モデル大採点』という記事を掲載。夏モデル15機種の「液晶」や「文字入力」など、5項目の性能テストを行った。


1110_tokusengai.jpg

「特選街」(2011年8月号)
(マキノ出版/590円/毎月3日発売)
家電を中心に、電子書籍やゲームなどの人気商品を扱うこともあるデジモノ系雑誌。2011年8月号では『最新スマートフォンの○と×』というコーナーで、夏スマホ20機種を対象に「○(=良点)」と「×(=難点)」を査定。


1110_kadenhihyo.jpg

「家電批評」(2011年8月号)
(晋遊舎/590円/毎月3日発売)
家電の専門誌で、自社広告以外の広告を掲載しないことを標榜。そのため、「ワースト・バイ」のように製品の粗悪面を取りあげることも多い。2011年8月号では「最新スマートフォン超辛口ランキング」を掲載。


1110_bestbuy.jpg

「スマートフォンBEST BUYガイド Vol.2」
(三栄書房/680円/2011年6月10日発売)
スマートフォンだけを扱った不定期刊行のムック。2号目では「2011夏 最新Androidスマートフォン徹底比較!」というテーマで、スペックやハードの性能を詳しく解説。また、○×形式のコーナーで、鋭い分析を見せている。


※当レビューは、書店やコンビニエンスストアに流通する数多くの雑誌やムックの中から厳選した「家電批評」「Get Navi」「特選街」「スマートフォンBEST BUYガイド Vol.2」の『スマートフォン特集』で紹介、批評された機種を、各雑誌の記事をもとに独断と偏見で数値化(40点満点)したものです。

※実勢価格はサイゾー編集部調べとなっております。

【au&softbank編】こちら

【docomo】

1110_Xperia-acro-SO-02C.jpg

■ガラケー機能に対応した高性能機
Xperia acro SO-02C
ソニー・エリクソン/2011年7月発売/実質価格:3万円台/サイズ・質量:H127×W63×D11.8mm・135g

「Get Navi」
★★★★★★★★☆☆
操作性、高品質な内蔵カメラの定評に加え、ワンセグやおサイフケータイなどの日本独自の機能を追加していることを評価。防水以外のあらゆる機能を詰め込みながら、それらが高い質を保っている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

映画のミカタ

映画のミカタ

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【彩川ひなの】ハレンチボディを毛布で包む

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ
    • 【真木しおり】爆乳JKのお戯れ

インタビュー

連載

    • 【橋本マナミ】いつかさらわれたいんです。
    • プレ東京五輪で優勝した期待の自転車選手
    • 【小島瑠璃子】好きになってもいいですか?
    • 高度に発達した【広告技術】の真実
    • 里美ゆりあ、さかもと未明、小池百合子の共通点は?
    • 【BOSS THE MC】20年間〈トーク〉をやめなかった男
    • 【アニソン音頭】が列島を制覇する
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【クライヴ・デイヴィス】黄金の耳を持つ名物社長
    • 【山尾志桜里】当選に見る政治史
    • 脳を破壊する【ロボトミー】ノーベル賞の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『女神の見えざる手』
    • 国民はなぜ「現状維持」を選んだ――【衆議院選】の総括
    • 小原真史の「写真時評」
    • サザエのアンチエイジング
    • ジャングルポケット/毎分1万5000回転!ハードすぎるローターがスゴイ!
    • 【半沢直樹】夫婦間呼称問題、セレブ妻が見せた女性側の内紛
    • エロいラップをする女性ヒップホップグループ
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化の墓泥棒が集う映画館で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』