>   > 「もしも『ドラゴン桜』の三田紀房が『もし...

──趣味の細分化が進み、ますます男女の垣根がなくなりつつある"マンガ"。いくら売れなくなってきているとはいえ、マンガ大国日本の底力は健在です! 何を読んだらいいかわからない? ならばまずはこれを読め!

2011年8月号 COMICクロスレビュー

■浦沢・長崎コンビの偽史ミステリー

1108_billy.jpg

『BILLY BAT』(6巻)
作/浦沢直樹 ストーリー共同制作/長崎尚志
掲載/「モーニング」(講談社)
価格/630円 発行/5月23日
1949年、冷戦下のアメリカで、コウモリが活躍するアメコミ「BILLY BAT」を描いて人気の日系マンガ家、ケヴィン・ヤマガタ。同作の、日本のマンガ作品との類似性を指摘されたケヴィンは日本に渡り、そこから彼は世界を揺るがす巨大な陰謀に巻き込まれていく。『20世紀少年』の浦沢+長崎タッグによる長期連載。


【脚本/演出家・麻草評】
★★★★★★★☆☆☆
薄幸女フェチとしての浦沢作品
予測不能の展開や、世界規模の大風呂敷ばかりが話題となる長崎&浦沢作品の真の魅力は、薄幸女フェチだ。1巻の「下宿の窓際で月をバックに立つ裸の娼婦」もかなりのインパクトだったが、白人と結婚した黒人妻を南部に叩き込み、オズワルドの妻に片言の英語で死亡フラグを立てさせるに至っては恐怖すらおぼえる。6巻で新登場する、男運の最悪な真面目少女の今後も不安。喜んで読んでいる諸氏は、己の薄暗い欲求を自覚してみよう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』