>   >   > 【東野幸治】──お笑いブーム終焉。気がつ...
ニュース
キワモノ芸人最後の砦

【東野幸治】──お笑いブーム終焉。気がつけば、『あらびき団』が残った......

+お気に入りに追加
1107_higashino.jpg
(写真=Shoda Masahiro(D-CORD))

『エンタの神様』(日本テレビ系)、『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)、そして『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)と、ここ1年で各局の目玉ネタ番組が次々と終了し、気がつけば最もメジャーなネタ番組となっていたのが、『あらびき団』(TBS系)だ。

「番組が始まった4年前は、お笑いブームの真っただ中で、オーディションをしても、おもろい芸人はみんなメジャーな番組のほうに行ってしまって。で、それ以外の芸人を集めたら、今みたいな番組になったのにね(笑)」

 そう語るのは、レフト藤井(藤井隆)と共に番組MCを務めるライト東野こと東野幸治。

 ご存知の通り、番組に出演する、多士済々の"あらびきパフォーマー"たちは、ほかの番組では決して見ることがなかったキワキワなツワモノばかり。視聴者は、まっとうとはかけ離れたその芸やキャラに、最初は唖然・呆然とさせられながらも、いつの間にか「また、あの芸が見たい」「今度は、どんなヤツが出てくるんだ」などと、中毒じみた感覚に陥っているから不思議だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』