>   >   > テーマの割には意外と地味!? 「りぼん」...
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第11回──【COMIC編】

テーマの割には意外と地味!? 「りぼん」の百合マンガ『ブルーフレンド』

+お気に入りに追加

──趣味の細分化が進み、ますます男女の垣根がなくなりつつある"マンガ"。いくら売れなくなってきているとはいえ、マンガ大国日本の底力は健在です! 何を読んだらいいかわからない? ならばまずはこれを読め!

2011年5月号 COMICクロスレビュー

■女子高生たちの『ドラゴンヘッド』

1105_rimit.jpg

『リミット』(4巻)
作/すえのぶけいこ
掲載/「別冊フレンド」(講談社)
価格/440円 発行日/3月11日
キャンプに向かうバスが事故に遭い、山の中で生き残ったクラスメイトの女子5人。もともとスクールカーストが定着していたクラスだったが、イジメのターゲットだった森重は生き残り、鎌を手にしていた。「刃向かう奴は容赦しない」という彼女に、ほかの4人はどう対抗するのか? ドラマ化もされた前作『ライフ』では女子同士の陰湿なイジメを描き、評価の高かった作者によるリアルサバイバルもの。

【ライター、編集者・高野評】
★★★★★★★☆☆☆
スピード感と心理描写に引き込まれる
日常が崩壊したあとの世界を、どのように生き抜くか。ヒリヒリするほどリアルになってしまったテーマのため、読みはじめがつらかったが、高濃度の書き込みによるスピード感、わかりやすい心理描写に、4巻ではいよいよミステリーの要素まで加わり、ぐいぐい引き込まれた。社会派といってしまえばそれまでだが、この作風、ある意味では山岸凉子などの系譜といえるのかもしれない。作者の目には、人間がどのように映っているのだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年10月号

(裏)動画案内2017

(裏)動画案内2017

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • みうらうみ「現役音大生の(禁)水着」

哲学的アニメ批評的水着グラビア

哲学的アニメ批評的水着グラビア
    • 【鹿目凛】と東大教授の化学反応

インタビュー

連載