>   >   > 反原発、反不謹慎!? 3・11以降を生き...
連載
正行&志麻子の「愛のズルむけい地」第45回

反原発、反不謹慎!? 3・11以降を生きる術

+お気に入りに追加

淫靡な香りに満ちた小部屋で、手取り足取り教えてアゲル──。徳光正行と岩井志麻子、ただならぬカンケイのふたりが、業深いオトコとオンナの"ズルむけ具合"から時代を読む!

1105_zurumuke.jpg

正行 まずは、今回の東日本震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。ところで地震の時、岩井さんはどこにいらしたんですか?

志麻子 取材でシンガポールにいたんですよ。だから何もわからなくて。うちのマンションの住人はヤクザばかりですから、きっと地震発生時には外にいかつい男がわらわらわいてきて、それはすごい眺めだったんでしょうね。万一、歌舞伎町が無法地帯になっても、私は散弾銃を持ってるから大丈夫ですけど。

正行 銃所持率が高そうなマンションだから、ドアに犬の鑑札みたいに「銃」ってシールを貼っておいたらいいんじゃないでしょうか。

志麻子 公安委員会から正式に所持許可をもらってるのはうちだけだから、色はゴールドでね。

正行 しかし、津波に続き原発事故という、まさに未曾有の災害になってしまったわけですが、独占企業の隠蔽体質とマスコミ報道のひどさが浮かび上がった"人災"でもあるんじゃないかなと思ってます。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学
    • 歴史で見る【悪法】のトリセツ
    • 【悪法】は司法でどう扱われるか?
    • 【悪法】誕生のカラクリ
    • 【法哲学者】が語る悪法対処法
    • 【刑法改正】は穴だらけ?

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

連載