>   > 損害から訴訟リスクまで手厚くカバーします...
第1特集
企業向け保険の知られざる補償【2】

損害から訴訟リスクまで手厚くカバーします! 企業向け保険3ジャンル

+お気に入りに追加

もっともポピュラーな企業保険

「損害」保険

〈適用案件〉
●オフィスや店舗の火災
●社用車の事故
●設備や資材の損壊
●商品の損失や盗難
●店舗の強盗被害
●以上の事故などによる営業損失(特約)

最も多くの企業が入るのが、この手の損害保険。いわゆる"モノ"の損害を補償する保険で、例えば、輸送中のトラックが事故に遭った場合、車両や商品貨物などの損失金が補填される。また、企業向けの車両保険は個人向けの保険より割高だという。売上金の盗難もこのくくりで補償されることが多く、強盗被害に遭う危険性が高いパチンコ店(厳密には商品交換店)などは、ほぼすべての店舗が加入しているともいわれている。なお、火災や事故によって損害を受けた場合、利益の減少分や営業継続費用を補償する特約を設定できる保険商品もある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載