>   > 東スポは日本が誇る一流紙!? 現場記者ら...

──水面下ではプレス申請でのゴタゴタに、出場選手の過剰な取材規制など、スポーツ紙や専門誌と協会や選手たちの間では、すでに熱い戦いが繰り広げられていた。匿名だからこそ言える、そんな北京五輪にまつわる悲喜交々を現場記者が語り尽す──。

[出席者]

A......全国紙オリンピック担当記者
B......スポーツ紙運動部記者
C......スポーツ誌編集者
0808_kitajima.jpg
過去、写真週刊誌に人気AV女優とのキス
プリクラを掲載されたこともある、競泳・北島
康介選手は実力も取材態度も"一流"?

A さぁ、世紀の祭典、五輪開催まで1カ月。我々からすれば、ようやくここまでこぎ着けたという感じだよね。プレス申請も終わったし、あとは北京へ行くだけ。ウチは15人くらいの記者を北京に派遣する予定だけど、スポーツ紙はどう?

B こちらは7人くらいかな。なんといっても弱小だから(笑)。でも、北京五輪組織委員会の広報担当者は本当に手強かったよ。プレス申請はほとんどメールでやり取りするんだけど、全然話が通じない。取材予定の競技種目やプレス席数の確認をしても、数字が羅列されたメールが返ってきたり、数週間後に「メールが届いていない」とか言われたり。日本や欧米諸国じゃ考えられないくらいテキトーなんだよね。

C 今からそんな体たらくだと、現地に到着して、ちゃんと案内してくれるか不安だよ。

A でも、これまでに、表立った中国側の取材規制とかはないので、まだ安心かな。ただ、中国は何が起こるか、何をしてくるかわからない国。各紙とも不文律のように、五輪前は中国の批判記事を書かないようにしているね。


人気記事ランキング
  1. 1あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  2. 2やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  3. 3お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  4. 4日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  5. 5音事協を取り巻く団体のトップは芸能界の重鎮? JASRAC収益は143億円! 音事協と関連団体の“絆”2017.5.22
  6. 6【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  7. 7メディアへの圧力団体という虚像――タレント肖像権をチラつかせる音事協はタブー団体なのか?2017.5.22
  8. 8裏社会とのつながりを憂慮した歴代のトップたち…芸能界の重鎮が歴任! 音事協会長の履歴書2017.5.22
  9. 9GSと田邊社長が築いた芸能システム――一介のドラマーが芸能界のドンへ! グループ・サウンズから見る芸能史2017.5.21
  10. 10佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載