>   > 識者が語る山口組・夏原武「ヤクザは"ある...
第1特集
山口組は本当に壊滅するのか?【4】

識者が語る山口組・夏原武「ヤクザは"ある種"の文化 決して簡単にはなくならない」

+お気に入りに追加
サイゾープレミアが100円で読める!!
1103_yamaguchibook3.jpg
夏原武氏の著書『続 現代ヤクザに学ぶ最強交渉・処世術』

 最近は、暴力団関連のトラブルが起こると、どこにでも山口組が仲裁に入って非暴力により話を収めてしまうんです。そうした平和路線の体制を築いて山口組の影響力を強め、六代目不在の間、大きな問題を生じさせなかったのはやはり弘道会会長である高山清司若頭の手腕と山口組最大勢力である弘道会支配によるところが大きい。だから警察としては、弘道会さえ潰せば山口組は潰れる、と考えています。ところが高山若頭を逮捕しても、山口組はあまり動揺していない。それで、入江禎総本部長も逮捕した、という流れでしょう。

どちらの逮捕も、「これで本当に公判が維持できるのか?」というくらいの無理筋なのですが、最近の流れでは、山口組に対してはどんな微罪でもとにかく逮捕、送検、という体制ができています。相手がヤクザなら、世論もあまり文句を言いませんからね。要は立件して塀の中に入れるためではなく、逮捕拘束して社会不在にする、ということを目的にしているようです。当局としては、組織の要である高山若頭や入江総本部長を社会不在にすることで、山口組が内部分裂することを期待していたんでしょう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
サイゾープレミアが100円で読める!!

Recommended by logly
サイゾープレミアが100円で読める!!!!!!

2017年7月号

コーネリアスが語る沈黙の11年

コーネリアスが語る沈黙の11年
    • 【小山田圭吾】が語る音楽と息子

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 一ノ瀬りと「私の全部」

インタビュー

連載