>   > 【キムビアンカ】──飯島愛絶賛のバイアー...
インタビュー
和製マドンナはタブーを怖がらない!!

【キムビアンカ】──飯島愛絶賛のバイアーティストが、音楽業界の常識を破壊する!

+お気に入りに追加
1103_kimu.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。(写真/チャニキム)

 2010年4月、「すべてをカミングアウトする」という宣戦布告と共に、自身初の18禁ギリギリシングル『脱ぎなさいよ』をリリースした女性バイセクシャル・アーティストが話題だ。彼女の名は、キムビアンカ。自らを「セックスアイコン」と称し、赤裸々な性体験を綴った楽曲を12カ月連続配信中だという。『脱ぎなさいよ』は、そのミュージック・ビデオがYouTubeで18禁指定されつつも、10年のUSTREAM流行語大賞に選出、東京スポーツの連載で対談したAV女優麻美ゆまに「やらせてください」とお願いするなど、性的な活躍で注目を集めている。

キムビアンカ「私、昭和の歌謡曲オタクで、例えば(中森)明菜さんの『いい加減にして』とか、劇中口調のキャッチーなフレーズが好きなんです。だから『脱ぎなさいよ』では、ひとつの音にひとつの言葉が乗っているくらいのわかりやすさで、『舐めてほしいのか、縛ってほしいのか』といった、セクシャルな歌詞をエグ〜く書きました。『服を脱げ』という性的なニュアンスを含む言葉も、『〜しなさいよ』という命令口調にすると、キャッチーで面白い(笑)。私は、ポップにタブーを壊したいんですよ」

 今でこそ自信満々に語る彼女だが、実は、そのキャラにそぐわない楽曲制作を余儀なくされた経緯を持つ。そんな彼女を救い、育てた人物が、所属事務所社長の臼田廣子氏だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載