>   > 関係を持った女性は数千人? マドンナ、ボ...

『ふぞろいな秘密』(石原真理子著/双葉社)など、日本でも話題となる有名人らの暴露本。では、ゴシップの本場アメリカで、近年話題となった暴露本にはどのようなものがあるのだろうか? まずはここにきて、「不倫だ離婚だ」とゴシップ誌を賑わしているマドンナの実弟による暴露本『Life with My Sister Madonna』【1】。その内容は、マドンナは「子どもの頃からジョークのセンスがゼロだったが、自分に恐ろしいほど自信を持っていた」「強大なエゴを持ち映画スターを夢見ていたが、演技力は全くなかった」などといった微笑ましい(?)エピソードに溢れている。だが、マドンナから受けた虐待の数々なども交え、姉に対する憤りとちょっとした愛情を込めた、身内ならではの愛憎も。マドンナが同性愛者嫌いの映画監督、ガイ・リッチーと結婚して以来、ゲイである彼は姉との関係が疎遠になったとも綴っている。

 マドンナ同様、ミュージシャンでは、日本で"ボビ男"ブームをつくり、80~90年代に全世界で1000万枚以上のアルバムセールスを記録したR&B界の元スーパースター、ボビー・ブラウンの自伝『The Truth, the Whole Truth and Nothing But...』【2】が話題に。昨年離婚した、元妻のホイットニー・ヒューストンとの酒&クスリまみれ(彼はホイットニーの影響でコカインをやるようになったと告白)の、波乱万丈な15年間の結婚生活を中心に、マドンナやジャネット・ジャクソンを含む、数千人(!)もの女性との肉体関係についても言及したスキャンダラスな内容だ。その余波でイメージダウンは避けられないと思われたホイットニーは、この自伝について「彼がそのようなことを言う必要性に駆られたことは悲しいけど、私は自分が正しいと思う道を進むだけ。たとえ事実関係をはっきりさせることになったとしても、娘の父親のことを悪く言うつもりはないわ」と語っている。さすがは大物の余裕!


サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

連載