>   >   > 『ケイゾク』から12年、堤幸彦の試みは海...
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第8回──【DRAMA編】

『ケイゾク』から12年、堤幸彦の試みは海外ドラマの取り込みへ──

+お気に入りに追加

「CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評」とは?

本誌連載陣でもある批評家・編集者の宇野常寛氏が主宰するインディーズ・カルチャーマガジン「PLANETS」とサイゾーがタッグを組み、宇野氏プロデュースのもと、雑誌業界で地位低下中のカルチャー批評の復権を図る連載企画。新進気鋭の書き手たちによる、ここでしかできないカルチャー時評をお届けします。見るべき作品も読むべき批評も、ここにある!

1102_spec.jpg

今月の一本
『SPEC ~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~』

浅子佳英[デザイナー]×成馬零一[ドラマ評論家]×宇野常寛[批評家]


──堤幸彦が、久しぶりにテレビドラマに帰ってきた。しかも男女コンビの刑事モノ、タッグを組むはTBS・植田博樹プロデューサーとくれば、いやでも『ケイゾク』を思い起こさざるを得ないだろう。日本のドラマ界屈指のクリエイターが送り出した『SPEC』を、我々はどう受け止めるべきなのか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年4月号

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】