>   > 新旧グラビアアイドル対談──青木裕子(元...

 グラビア全盛期の90年代半ばに一時代を築いた"伝説のグラビアアイドル"青木裕子と、現役グラドルとして第一線で活躍する仲村みうの新旧グラビア対談。撮影方法の変遷から禁断のアノ話まで、世代を代表する2人がグラビアアイドルにまつわるすべてを語り尽くしてくれた!

0810_aoki_miu.jpg
(写真/早船ケン)

──青木さんは96年にオーディションに合格し、翌年「フジビジュアルクイーン」に抜擢。その後の活躍は目覚ましく、グラビアが載っている雑誌のほぼすべてに登場していましたよね?

青木裕子(以下、) そうですね。光栄なことに、いろいろな雑誌に出させていただきました。とくにマンガ誌が多くて、「少年マガジン」「少年サンデー」「ヤングジャンプ」「ヤングサンデー」......ホントにもう、何度出たかわからないほど(笑)。当時、マンガ誌のグラビア撮影って、1回のロケで4冊分くらいまとめて撮るんです。しかも、大手の出版社は予算もあったみたいで、海外へ行くにも、家までハイヤーが迎えにきてくれて、成田まで送ってくれたんですよ。今考えたら、かなりバブリーですよね。

──それは豪華ですね。今はロケバス移動や現地集合がほとんどですよ。本日の対談相手、仲村みうさんも06年に「ミスヤングマガジン」に選出され、以降、かなり多忙な毎日を送っているんじゃないですか?


サイゾープレミア

2017年3月号

グラビア写真学

グラビア写真学

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

インタビュー

連載