>   > ゲーム業界を揺るがしたレイプレイ事件と業...
第1特集
世界各国から批判されたエロゲー

ゲーム業界を揺るがしたレイプレイ事件と業界癒着

+お気に入りに追加
0910_p48_ill.jpg
メーカーによる『レイプレイ』のジャンルは"リアルタイム3D痴漢ゲーム"とのこと。

 ここ数年、オタク市場の中でも急成長を遂げてきたアダルトゲーム業界において、今年、業界を揺るがす大きな事件が起こった。

 発端は、日本国内限定で販売されていた陵辱系美少女ゲーム『レイプレイ』(アイワン)が、ネット小売り業アマゾンを通じて、イギリスで流通したことに始まる。未成年がレイプされるという内容を問題視したイギリス労働党の国会議員が、今年2月、「犯罪行為のレイプをシミュレートするゲームは許されない」と発言したのだ。

 続いて5月にはアメリカの人権保護団体「イクオリティ・ナウ」が同作品と規制の緩い日本政府に対して抗議声明を発表したため、各国のマスコミに大きく取り上げられ社会問題に……これが国内ゲーム業界を騒然とさせた"レイプレイ事件"の概要だ。

 こうした世界的な反発を受けて、年間、約950作のゲームソフトを審査するメーカーの業界団体「コンピュータソフトウェア倫理機構(以下、「ソフ倫」)」は、各メーカーに規制強化を指示。結果、6月2日以降、アダルトゲームメーカー全社が「性犯罪を肯定する陵辱系ゲームの製造・販売を一切禁止するという自主規制を行う」と宣言したことで、騒動は一旦終息した。

 しかし、某メーカーのゲームプログラマー・S氏によれば、「規制後も発売されるアダルトゲームの内容は大して変わっていない。これは、ソフ倫とメーカーの癒着にほかならない」と声をひそめる。

MEMOレイプレイ事件
アダルト専門のゲームメーカー「アイワン」の一ブランドから発売された『レイプレイ』というゲームソフトが、"女性をレイプして調教する"という過激な内容から、世界中から批判された事件。

「通常、ゲームメーカーがソフ倫に支払う加盟料は年間数十万円程度ですが、今も昔も役員に袖の下を払えば、多少の行き過ぎた内容は認めてもらえます。逆にメーカー側の人間がソフ倫の要職に就いて、審査の決定権を握るというケースも。倫理機構の審査が通らなければせっかく作ったソフトも販売できないから、アダルトゲーム業界ではこうした慣習がはびこっているんですよ」(同)

 両者の癒着が功を奏したのか、過激路線で売り上げを伸ばしてきたアダルトゲーム業界だが、矢野経済研究所の「オタク市場」の調査によると、昨年あたりからついにマイナス成長に転落。美少女を中心に扱うアダルトゲーム雑誌の編集者・N氏が業界の現状を語る。

「児童ポルノ法強化が叫ばれる世論の影響で、売れ筋の美少女モノへの風当たりが強くなったこともあります。ですが、それよりも問題なのは制作現場の劣悪な環境ですね。手取り10万そこそこで土日関係なく徹夜でプログラミング作業を行い、業績が悪ければ会社自体がすぐ倒産。ヒット作品が生まれたらプログラマーが独立起業し、もう一度当てようとするけど、うまくいかず廃業……これが2~3年周期で繰り返される。10年前の大手メーカーで、とはいってもせいぜい20人程度の規模ですが、かつて隆盛を見せていたところも今はほとんど残っていません」

 こうした過酷な仕事量はゲーム業界全般で問題視されていること。だが、際立った収入の低さは美少女モノ制作現場の特徴だという。

「ジャンルがまだ不安定なわりになり手が多いこと、同人サークルから発展したため儲け重視の考えが薄いこと、経営者がセミプロであることなどの理由が挙げられます。また、ゲームだけではなく、アダルト・ノンアダルトに限らず、美少女専門のゲーム雑誌も衰退の一途、売り上げは数年で半分以下になりましたからね」(前出・N氏)

 今も『ひぐらしのなく頃に』や『fate』、『プリンセスラバー!』のように同人ゲームからアニメ、映画作品に憧れて業界の門を叩く美少女好きの若者も多いそうだが、就労条件の悪さに耐えられずに逃げ出すことも少なくないのだとか。

 なかなか厳しい美少女ゲームの懐事情。かといって、未成年の女の子をレイプさせるような内容は、表現の自由が存在するとはいえど、少し行き過ぎだとは思うのだが……。

(KyoPro/松本京也)


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』