サイゾーpremium  > 特集  > あの有名芸能プロも? 芸能スクール搾取...
第1特集
カモにされるタレント予備軍の少女たち

あの有名芸能プロも? 芸能スクール搾取の構図

+お気に入りに追加

 大手芸能プロダクションの中には、「タレント育成」を標榜した芸能スクールを運営しているところは少なくない。代表的な例で言うと、吉本興業の芸能学校・NSCや、ナベプロのエンターテイメントカレッジなどがそれに当たるのだが、良心的にタレント育成をしているスクールはごくわずかで、大半はスクール生とのトラブルが絶えないというのだ。 「中でも評判が悪いのが、ほしのあきや伊藤英明が所属するAチーム傘下のスクール」(芸能プロ幹部)だという。過去に傘下のスクールに通っていた20代のBさんがスクール時代を回想する。

0910_hoshino.jpg
三十路グラドルとして鉄板人気を誇るAチーム所属のほしのあき。

「幼い頃から女優になるのが夢で、念願かなって『Aチームグループオーディション』に合格できたんです。所属先はAチームではなく、傘下のエーライツという新人部門のプロダクション。しかも、『経験がないので、芸能スクールであるAチームアカデミーに通ってください』って、スタッフから言われたんです」

 アカデミーの入学金が40万円で、月のレッスン料は3万円ほど。

「オーディションに合格したのに、なんで有料のスクールに行かないといけないんだろうって思いましたね。しかも、『スクールに通わないなら契約を結ばない』とまで言われました」(同)

 年間を通してかかる費用は、入学金とレッスン料を合わせて76万円。似たような業態のオスカープロモーションの養成スクール「オスカーエンターテイメントスクール」が、入学金4万円で半年間の授業料が12万円ということを考えると、かなり割高である。

「結局、契約をしてスクールにも通うことにしたんですが、一応はエーライツ所属タレント。なのに、来る仕事はエキストラばかり(苦笑)。また、事務所が主催する舞台公演に出演することもできるんですが、これには『3000円のチケットを30枚売れ』というふうにノルマがある。それ以上売れば、自分のギャラになるんだけど、そんな素人の公演を見ようなんて人はほとんどいません。もちろん、売れ残ったチケットは自腹で買い取りです」(同)

MEMO芸能スクール
かつては、安室奈美恵やSPEEDなどを輩出した沖縄アクターズスクールが注目を集め、近年、全国に芸能スクールが乱立。多くのタレントを輩出している。

 しかも、レッスン料は厳しく徴収するが、エキストラ出演などのギャラは支払われないことが多いという。

「マネージャーに『ギャラが振り込まれていないんですけど』と言ったら、『制作会社から事務所にお金が振り込まれるまでに3カ月くらいかかる。だから待ってくれ』って言われたんですね。けど、半年たっても一向に振り込まれない。泣き寝入りは嫌だったので粘り強く交渉したら、ようやく振り込まれましたよ、9000円……。明細はなく、結局、なんの仕事の報酬かわかりませんでした」(同)

 さらにゴタゴタは続く。今度はグループ内のエーライツとアカデミーが敵対し始めたのだというのだ。

「アカデミーの先生が、グループ内のKという別会社から派遣されていたんですが、エーライツの女のコが何人か同社に引き抜かれたんです。当然、エーライツの幹部が激怒し、『アカデミーの先生と仲良くするな』ってお達しが回ってきた。無理やりスクールに通わせておいて、大した仕事もなく、それはないだろうって話ですよ」(同)

 結局、Bさんは1年後に見切りをつけたが、「こうした芸能スクールはたくさんあるんだろうけど、エーライツは有名芸能プロの名前を掲げて、女の子の夢を食い物にしているのだからタチが悪い(苦笑)。それにエーライツからAチームに上がって活躍している人は誰ひとりいないんです」という。

 エーライツの公式HPでは、10歳にも満たない所属タレントの女の子が何人も紹介されているが、ほしのあきに次ぐ逸材は、果たして登場するのだろうか? 

(岩友江里)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号