>   >   > 大ケガから奇跡の復帰!?紅白で熱唱のあゆ...
ニュース
歌姫、奇跡のステージには意外なウラが!

大ケガから奇跡の復帰!?紅白で熱唱のあゆのナゾ

+お気に入りに追加
0902_ns_tobira.jpg
紅白歌合戦の会場であるNHKホールの隣、代々木体育館では、毎年恒例の浜崎あゆみのカウントダウンライブが。会場前には、紅白さえ始まっていない時間から長蛇の列ができていた。(撮影/早船ケン)

 昨年12月26日、右手負傷による緊急手術のため、同日出演予定だった生放送特番『MUSIC STATION>SUPERLIVE>2008』(テレビ朝日)への出演を取りやめた浜崎あゆみ。紅白歌合戦、そして毎年恒例のカウントダウンライブの開催さえ危ぶまれたが、結局29日には、「医師の条件付き」ながらも出演を発表。トップバッターを務めた紅白では、右手に肌色の手袋、右肩にはテーピングをしながらも、ヒョウ柄ドレスから一転、黒いエナメルのノースリーブに衣装チェンジするなどし、昨年4月に発売されたシングル「Mirrorcle World」を歌い上げた。

 しかし、こんな声も聞かれた。

MEMOあゆ
1978年、福岡県生まれの女性ミュージシャン、浜崎あゆみのこと。昨年ですでに三十路を迎え、一時の勢いは失われながらも、なおもミュージックシーンの最前線で話題を振りまくさまは、貫禄十分である。

「『Mステ降板』を伝えるマスコミ各社へのFAXには、『絶対安静』などという大げさな単語がちりばめられていましたが、実際には、転んで右手の爪がはがれ、切り傷を負っただけというもの。手術というのも、4針ほど縫っただけ。年末の紅白とカウントダウンライブのために大事を取ってMステを休ませるため、所属事務所であるエイベックス側が大げさにしたのでは」(スポーツ紙記者)

 さらに、「エイベックスは嘘をついたのだ」という不穏な声も。

「当初の説明では、負傷したのは『都内』で『仕事中に』ということだった。ところが同社は、NHKには『自宅で転倒した』と報告していたんです」(週刊誌記者)

 つまり、「自宅でケガ」で降板では、テレビ朝日に対してあんまり。だから、「仕事中の大ケガ」ということにしてカッコをつけたのだろう、というのがもっぱらの声なのである。

 それでもケガはケガ。ファンのためにも、早く完治してほしいものだ。
(編集部)


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

NEWS SOURCE

    • 相次ぐ【ラッパー】薬物逮捕の嘘
    • 【渡辺謙】ハズキルーペCM起用の怪
    • 【RADWIMPS】HINOMARU騒動の裏事情

インタビュー

    • 【小川紗良】是枝監督も注目の現役女子大生
    • 【ましのみ】実力派の不思議ちゃん
    • 【野口健】死による生への執着について

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』