> W杯の検索結果

W杯 の検索結果

ニュース
「HINOMARU」炎上の舞台裏

炎上は予測できた!?――RADWIMPS、ワールドカップ日の丸騒動の裏

―― 人気ロックバンド〈RADWIMPS〉(以下、RAD)が、FIFAワールドカップロシア大会のフジテレビ系テーマ曲であるシングル「カタルシスト」のカップリング曲として今年6月にリリースした「HINOMAR...

炎上は予測できた!?――RADWIMPS、ワールドカップ日の丸騒動の裏
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

NHKのサッカーW杯キャスター佐藤美希に「降板コール」噴出! その“流れ弾”が小柳ルミ子に……

――  NHKが6月19日に生中継したサッカーW杯の「日本対コロンビア」の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の平均視聴率が48.7%を記録した。瞬間最高視聴率はなんと55.4%。NHKも、さ...

NHKのサッカーW杯キャスター佐藤美希に「降板コール」噴出! その“流れ弾”が小柳ルミ子に……
第1特集
サッカーとナショナリズム【1】

きっかけは2002年日韓ワールドカップ――サッカーを通じて深まった日韓社会の「友好」と「溝」

―― ――近年の日韓戦では、試合とは関係のない侮辱行動や政治アピールも騒動となった。ここではサッカーにより深まった、「友好」と「差別意識」の両面を紐解いていきたい。

きっかけは2002年日韓ワールドカップ――サッカーを通じて深まった日韓社会の「友好」と「溝」
第1特集
サッカーとナショナリズム【2】

行き過ぎた応援か、それとも差別なのか? JAPANESE ONLYに潜む在日コリアンへの差別

―― ――世界でもっともファンが多いとされるスポーツ、それがサッカーだ。だが、行き過ぎた応援をするファンの行動が問題視されることは、海外のスポーツメディアで目にすることも多いが、それは日本でも例外ではない。

行き過ぎた応援か、それとも差別なのか? JAPANESE ONLYに潜む在日コリアンへの差別
第1特集
サッカーとナショナリズム【3】

韓国人は愛国心が強すぎる? 韓国の報道から読み解く スポーツとナショナリズム

―― ――ここまでは、02年のワールドカップが昨今の嫌韓問題を作り上げた理由を見てきた。では、当の韓国内では、ブラジル大会を前に、どのような報道が見られるのだろうか?

韓国人は愛国心が強すぎる?  韓国の報道から読み解く スポーツとナショナリズム
ニュース
旅人・中田英寿氏が久々のご登場です

ドル箱W杯商戦に暗雲……代表不振で関連グッズが まったく売れない!?

――  FIFAワールドカップ2014ブラジル大会の開催を目前に控えた5月末、各地でW杯の優勝祈念イベントが開催。ここぞとばかりに、元代表選手や解説者などが活躍するが、旅人こと、元日本代表の中田英寿氏も例外...

ドル箱W杯商戦に暗雲……代表不振で関連グッズが まったく売れない!?
第2特集
北澤豪、杉山茂樹、土田晃之が語る日本一愛のあるW杯代表戦予想【5】

「夜はボランチ!?」犯罪、停電、そして売買春......"夜"の南アフリカの歩き方

―― ──南アフリカの治安は必ずしも良いとは言えない。これまで、アフリカ選手権とコンフ...

「夜はボランチ!?」犯罪、停電、そして売買春......
第2特集
北澤豪、杉山茂樹、土田晃之が語る日本一愛のあるW杯代表戦予想【4】

6月24日 対デンマーク戦「攻守のバランスがとれた"大崩れしない"組織力」

―― ──グループリーグ最終戦の対戦相手は"華"こそないものの、手堅い試合運びに定評が...

6月24日 対デンマーク戦「攻守のバランスがとれた
第2特集
北澤豪、杉山茂樹、土田晃之が語る日本一愛のあるW杯代表戦予想【3】

6月19日 対オランダ戦「勝敗の議論の余地がない──屈指の強豪に弱点は?」

―― ──過去、幾度となく優勝候補に挙げられた欧州の強豪国オランダ、世界トップクラスの...

6月19日 対オランダ戦「勝敗の議論の余地がない──屈指の強豪に弱点は?」
第2特集
北澤豪、杉山茂樹、土田晃之が語る日本一愛のあるW杯代表戦予想【2】

6月14日 対カメルーン戦「落とせない初戦──。絶対的なエースの攻略が鍵」

―― その華麗なるプレイから、黒い宝石とも呼ばれ、数多くの欧州チームでプレイしたカメル...

6月14日 対カメルーン戦「落とせない初戦──。絶対的なエースの攻略が鍵」
第2特集
北澤豪、杉山茂樹、土田晃之が語る日本一愛のあるW杯代表戦予想【1】

サッカー専門誌が絶対書けない南アW杯の"本当の"見どころ

―― 日本代表の指揮を執る、岡田監督に選手はどう思うのか......。 ──本誌が発売...

サッカー専門誌が絶対書けない南アW杯の
ニュース
相撲、サッカー、フィギュア知られざる報道の影

朝青龍問題から高橋大輔のアノ噂まで スポーツ記者が語る熱戦の裏

―― ──現役横綱の電撃引退で幕を下ろした朝青龍の暴行事件。そして、日本中を感動の渦に...

朝青龍問題から高橋大輔のアノ噂まで スポーツ記者が語る熱戦の裏
ニュース
来年のW杯開催の危機をめぐって

2010年W杯開催地・南アフリカは本当に世界で一番ヤバい場所か?

―― ヨハネスブルクの高層ビル群。不法入居者が住みつき、犯罪の温床となっているというが...

2010年W杯開催地・南アフリカは本当に世界で一番ヤバい場所か?
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』