> ハロプロの検索結果

ハロプロ の検索結果

第1特集
芸能界と演劇界の歪な関係【1】

結局出たいのは蜷川幸雄作品くらい… 落ちぶれタレントの墓場化した演劇界

――  最近テレビで見かけなくなったな、と思う役者が、気づくと舞台俳優に転じていることが時々ある。役者の活動の一環でありながら、どうにもパッとしない印象の拭えないこの事態は、演劇界・芸能界にとってどんなうま...

結局出たいのは蜷川幸雄作品くらい… 落ちぶれタレントの墓場化した演劇界
第2特集
【プレミア限定ロングver.】読まずには語れない"新"アイドルPV論【4】

絶対見るべきアイドルPVレビュー【AKB48編】

―― ──アイドルPVの歴史に大きな変革期をもたらしたハロプロ、Perfume、AKB...

絶対見るべきアイドルPVレビュー【AKB48編】
第2特集
【プレミア限定ロングver.】読まずには語れない"新"アイドルPV論【2】

絶対見るべきアイドルPVレビュー【ハロー!プロジェクト編】

―― ──アイドルPVの歴史に大きな変革期をもたらしたハロプロ、Perfume、AKB...

絶対見るべきアイドルPVレビュー【ハロー!プロジェクト編】
第2特集
【プレミア限定ロングver.】読まずには語れない"新"アイドルPV論【1】

【アイドルPV談議】児玉裕一×掟ポルシェ「アイドルPVはタブー破りでなきゃ面白くない!」

―― ──これまで、あくまでCDを売るためのひとつの販促ツールとして考えられてきたプロ...

【アイドルPV談議】児玉裕一×掟ポルシェ「アイドルPVはタブー破りでなきゃ面白くない!」
第2特集
アイドルにとってのダンスの意味を探る【6】

ハロプロダンス振り付け担当・ラッキィ池田が語る「ハロプロが目指すのはAKB48に負けない"おもしろダンス"」

――  ダンス界の異端児・ラッキィ池田。80年代からテレビ、舞台などの振付師として活躍...

ハロプロダンス振り付け担当・ラッキィ池田が語る「ハロプロが目指すのはAKB48に負けない
第2特集
アイドルにとってのダンスの意味を探る【3】

ダンスを見るための"アイドルダンス・ベストチューン"はこの曲だ!

―― ──当特集【2】で紹介した"ドリームガールズ"6人が所属する各アイドルグループた...

ダンスを見るための
第2特集
アイドルにとってのダンスの意味を探る【2】

勝手に選抜!! これが、現役アイドル"ダンスドリームチーム"だ!!

―― ──1996年にデビューしたSPEED、98年にデビューしたモーニング娘。、そし...

勝手に選抜!! これが、現役アイドル
第2特集
アイドルにとってのダンスの意味を探る【1】

ダンスがアイドルに奇蹟を生んだ……!? AKB48に神が宿った理由

―― ──アイドルが踊るとき、そこには神が出現するという──。アイドルにとってダンスと...

ダンスがアイドルに奇蹟を生んだ……!? AKB48に神が宿った理由
第1特集
不況でも股間をアツくした写真集【3】

新進気鋭のアイドルライター・エリンギが分析する"死に体"ハロプロ写真集の復活策

―― 今年も、数だけはたくさん出たハロプロ写真集。デビュー当時小学生だったあの子やこの...

新進気鋭のアイドルライター・エリンギが分析する
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』