サイゾーpremium  > インタビュー  > 【畑 芽育】19歳のベテランが語る演技論とは?
インタビュー
P様の匣

【畑芽育】19歳で芸歴18年のベテラン(?)女優は、現場ごとに考えすぎる

+お気に入りに追加

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

――「話しかけられたら、すぐに心開いて犬のように懐きますよ!」と語る注目女優は、「あざとい女の子」を演じてみたい!?

2203_SN0_2260_520.jpg
(写真/西田周平)

19歳でありながら、芸歴18年の女優・畑芽育。昨年は『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』(日本テレビ系)や『プロミス・シンデレラ』(TBS系)など、大ヒットドラマに出演。さらに『青天を衝け』(NHK)で、大河ドラマ初出演を果たした。1歳でデビューしてから、第一線で活躍しているようにも見受けられるが、彼女は自分のことをまるで新人のように語る。

「撮影現場では、いまだに緊張します。特に『青天を衝け』では、大御所の方に囲まれて、居ても立ってもいられなくなりました(笑)。資料を読み込んで、所作指導も真剣に取り組みましたが、常に不安でした」

そう話す様子は天真爛漫そのものだが、現場では人見知りのようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年8・9月号

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ