サイゾーpremium  > 連載  > 大石始の「マツリ・フューチャリズム」  > 大石始のマツリ・フューチャリズム【55】/心が洗われる【下ネタ音頭】の力
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【55】

コロナの鬱々とした空気を吹き飛ばす!――心が洗われる下ネタ音頭の力

+お気に入りに追加

――21世紀型盆踊り・マツリの現在をあらゆる角度から紐解く!

2106_P121_MF_06_PH_230.jpg
日本の盆踊り文化に則った、どぶろっくによる素晴らしい音頭だが、語学留学生が一番最初に覚える音頭になってしまったら、それはそれで悩ましい「イチモツ音頭」。

 しばらく本連載ではコロナ禍における祭り・盆踊りのシビアな状況を取り上げてきた。状況は相変わらず厳しく、東京では5月に開催予定だった例大祭のほとんどが中止、あるいは神事だけがひっそりと執り行われた。また、このご時世では不謹慎となるのか、コロナ前であれば毎年のように出ていた企画もののノベルティ音頭のリリースも皆無。実に残念な話である。

 そうした中で、1曲の下ネタ音頭が話題を集めている。どぶろっくの「イチモツ音頭」だ。昨年8月にどぶろっくの公式YouTubeチャンネルで公開、去る4月にはテレビ朝日系『ロンドンハーツ』で紹介されたことで、本稿執筆時は112万回の再生回数を記録している。当然、テレビ効果もあるだろうが、「イチモツ音頭」が放つ破壊力も馬鹿にはできない。歌詞はこんな感じだ。

「浴衣姿の君を見てカッチカチ/帯に乗っかるスイカがふたつ/やってみたいなベッドの上で/股間のバットでスイカ割り/イチモツ音頭であの娘もこの娘もチョメチョメチョメしてみませんか」――書き出しているだけで、自分の人生はこれでよかったのかとイチモツの不安がよぎるが、よく聴いてみると「ハァ~」という小唄調の歌い出しやドドンガドンというリズムなど、新作音頭の典型的スタイルに則った楽曲であることがわかる。作詞作曲は江口直人(どぶろっく)。決して凝った楽曲というわけではないものの、メロディと言葉がすっと入ってくる小慣れた作りには驚かされる。どぶろっくは過去にも演歌歌手の北山たけしをPRするためのキャラクター「こぶしまる」を題材とした「こぶしまる音頭」(15年)を発表しており、そちらの作詞作曲も江口が担当していた。音頭作曲家として意外な才能の持ち主なのかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年6月号

「天野紗也加」の輝かしさ

「天野紗也加」の輝かしさ
    • 【天野紗也加】配信女王が魅せる

NEWS SOURCE