サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【シャブとサウナ】都市伝説を徹底調査
第1特集
果たしてシャブは抜けるのか?

大量の発汗で陽性反応は蹴散らせない!? サウナでシャブは抜けるのか……巷の都市伝説を徹底調査

+お気に入りに追加

――まことしやかにささやかれ続けてきた「シャブはサウナで抜ける」という都市伝説。まさか昨今巻き起こっているサウナブームは、そんな側面を持ち合わせているというのだろうか……? 確かに芸能人やスポーツ選手など、疑惑のある人物には“サウナ好き”という印象もちらほら。本誌シャブ抜きサウナ調査班が、その謎に針を刺す!

2012_01_sauna_320.jpg
サウナの醍醐味である「発汗」。覚醒剤常用者がかく汗からは、なんともいえない独特のかおりがするというが……。

 昨今における空前のブームが訪れる前から、徹夜作業に追われる人々たちの一種のオアシスとしても機能してきたサウナ。本誌編集部のスタッフとて例外ではない。そして、今号のドラッグ特集を進行するにあたって思い出した、約10年前の出来事――年は50代半ば。体中のあちこちに彫られた刺青。やせ型で遊び人風の男は、サウナの室内で飲み屋の店主のような愛想の良さで話しかけてきた。

「ここ、よく来るの?」

「え、はい。職場が近いので、時々」

「シャブとかやってんの?」

「いえ、シャブは特に」

「最近シャブ抜きでサウナに来る若いのが増えてるんだよね」

「サウナでシャブって抜けるんですか……?」

「いや、それがわからないからさ、もしかしたら兄さんもそうなのかなと思ってね」

 いわく、その初老の男性の両親は、都心部で違法賭博を経営していた過去があるらしい。時代にして1970年代、東京五輪後でフィンランドの選手がオリンピック選手村にサウナを持ち込んだことで、日本にもサウナ施設が激増した時期でもある。そんな時代に、違法賭博に足繁く通っていたお客がタバコの煙をくゆらせながら、「さてと、シャブ抜きにサウナに行ってきますかな」と話していたと。また、当時は表に看板を出さずに経営していたサウナ施設も多かったことから、もしかしたら本当にサウナは絶好の“シャブ抜き場”として機能していた事実があるかもしれない。

 以後、覚醒剤で逮捕された芸能人やスポーツ選手の「サウナ好き」という側面が週刊誌の記事などで紹介されるたびにちらついてきた「本当にサウナでシャブは抜けるのか?」という疑問――。

 その都市伝説を究明すべく、まずは「私の毎日は1時間半の半身浴から始まる」「ポカリスエットを飲みながら徹底的に汗を流す」という記述を残した『シャブ中ヤクザの天国と地獄』(17年/アドレナライズ)の著者であり、元ヤクザで覚醒剤のプッシャー経験もある大矢五郎氏に話を聞いた。

2012_03_sauna_320.jpg
大矢五郎氏の著書『シャブ中ヤクザの天国と地獄』(アドレナライズ)。「ダメ。ゼッタイ。」を念頭に置きつつ、スカッと爽快感のある読みごたえ。

「“シャブを抜く”というのが、尿検査を受けた際に陽性反応が出ないようにする意味だったら、それは無理だと思いますよ。私が毎日半身浴に時間をかけていたのは、無論シャブを抜く行為ではなく、次のシャブを最高に気持ちよく射れるためでした。食事やお酒もそうですが、汗を流したあとは、なんでもおいしく感じられますよね。それはシャブも一緒で、大量の発汗後は、効き目が抜群によくなるんです。もしサウナで大量の汗を流して陽性反応が出ないと思っているヤツがいたら、相当な間抜けかシャブ初心者でしょうね」

 陽性反応を出さず、陰性にするためには「生理食塩水を数パック点滴し、大量の水とタチオンを飲む以外に方法はないと思う」と大矢氏は続ける。では、医学的見解からはどうか。医師で作家の米山公啓氏の話。

「サウナでシャブを抜くことは無理でしょう。もし仮に、サウナや熱いお風呂で出る発汗程度で体内の薬物を取り除こうとしたら、単純に計算で何十時間も入っていなければならない。もちろん、そんなことをやれば薬物が抜ける前に熱中症で倒れるか、ヘタをすると死亡する危険性もあります。また、生理食塩水の点滴は、直接血管に入れて血液を薄めるわけですから、汗をかくよりは血中の薬物濃度は薄くなりますが、それでも覚醒剤の成分を除去できるとは思えません。さらに一度に生理食塩水を点滴するといっても、治療時の規定として点滴は2リットルまでと決まっているので、過度の注入では体の負担が増えて、どんな副作用や事故が起こるかわかりません」

 米山氏は「タチオンは肝機能を高める作用があり、体内の毒素を排出する働きを補助する形になるが、それでも気休め程度にしかならない」と続けた。

 では、本誌19年6月号に掲載した「パクられる前に駆け込む“解毒病院”の実態」企画よろしく、「明日までに覚醒剤を抜きたい!」という来訪があった場合、どのような処置を執るのだろうか?

「覚醒剤を使用しているなら、まず警察に通報しますよ(笑)。架空の話でしたら、腎不全患者が行う人工透析が一番効果的かと思います。体から血液を出して、器械で血液中の老廃物を除去、それをまた血管に戻すものですから、除去する器械に覚醒剤の痕跡を消す仕組みがあれば、もっとも効果的に覚醒剤の成分を抜くことができると思います。ただ、そのための研究開発をする医療器機会社は皆無でしょうね」

2012_02_sauna_320.jpg
1964年の東京五輪後のサウナブームとは違って、現在は女性も入りやすく、友達や家族と使用できるテントサウナなども登場。さすがにシャブ抜きの場として利用される側面はなさそう。(写真/Getty Images)

 サウナの聖地といわれる、上野「サウナ&カプセルホテル北欧」をこよなく愛する50代のサウナ愛好家は、この都市伝説を次のように推測する。

「昔、(サウナ)施設で一緒になった暴力団関係者のサウナ仲間が『今日は(シャブを)抜くために1日こもるんだ』とか言っていたのを覚えているけど、本当にサウナでシャブが抜けるかどうかはさておき、常習者たちは『あわよくば抜けてくれたら儲けもの』くらいにしか考えてなかったと思いますよ。覚醒剤を使用すると、まず尋常じゃない汗をかくから、常に水分が欲しい状況にもなるじゃないですか。つまり、サウナって覚醒剤とは抜群の相性なんじゃないかな。施設でいったら、最近閉店した豊島区の『G』とか、芸能人がよく通う港区の『A』なんかは、そうしたお客さんが集まるなんて話も耳にしたことがあったけど、みんなシャブ抜きが第一目的ではなかったと思いますよ。

 あとは『出てくる汗がザラザラするんだよ』とか『石鹸みたいな(汗の)においがする』とか会話していたのも記憶に残っているけど、僕は石鹸よりもかつお節のにおいがしたら常用者なのかな、って印象がありますね」

 結論、「サウナでシャブは抜ける」という都市伝説は、希望的観測であって、医学的見地からも不可能であり、尿検査における陽性反応も避けられないことがわかった。つまり、シャブ抜きのためではなく、大矢氏が語った「次のシャブを最高に気持ちよく射れるため」にサウナが有効活用されていたのだろう。

 現在のサウナブームにおいては、特別な覚醒感を得られる「ととのう」という専門用語があるように、賢明なる読者諸氏には「次のサウナを最高に気持ちよく訪れるため」のクリーンなサウナライフを送っていただきたい。

(文/佐藤公郎)
(協力/谷 和拾)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ